良い人生を送る

【ウォーターサーバー】設置をオススメする4つのポイント(女性の味方)

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

「買い物袋が指に食い込んで痛い!」

「朝バタバタして、ゆっくりコーヒーを飲む時間もない!」

もう、そんな日々とおさらばしましょう。「ウォーターサーバー」で解決できます。

「お金に余裕がない」けど「気になる人」に向けた記事です。

「ウォーターサーバー」は単なる「娯楽」じゃなく、使い方次第で「節約」にも「生活の質向上」にもなる道具です!

この記事では、ウォーターサーバーをレンタルして3年、使い続けてわかった「ウォーターサーバー」の最大のメリットをお伝えします。

ウォーターサーバーの「4つのメリット」

  1. 買い物の時の負担激減
  2. おしゃれな家に(人を呼べる家に)
  3. お湯を沸かす時間削減
  4. 健康維持

1 買い物の時の負担激減

両手に大きな買い物袋を提げて、指に食い込む痛みを我慢しながら買い物していませんか?

お茶や水、ジュースのペットボトルって、かなり重いしかさばりますよね。

しかも子供連れの時の買い物や、ベビーカーを押しているときはなおさら、買い物袋を運ぶことがしんどいこと、あると思います。

「ウォーターサーバー」を設置すると、「重さ」の元凶である「ペットボトル飲料」を買うことがほとんどなくなります。買い物の時に2Lペットボトルをわざわざ買う必要なし!

宅急便が送料無料で家まで水を運んでくれるので、買い物の時のしんどい重さから解放されます。

2 おしゃれな家に(人を呼べる家に)

家の中に「ウォーターサーバー」があるだけで、一気に「おしゃれハウス」にチェンジ!!

リビングに彩りを与えてくれます。ウォーターサーバーまでの導線を考えたり、設置場所を考えたり、楽しくもあり、家の片付けも捗るかもしれません。

家がおしゃれになると、友達も家に呼びやすくなりますよね。しかもウォーターサーバーがあるとなると、ちょっと自慢したくなったり、、、

まだまだお高いイメージが根強いウォーターサーバーですが、一家に一台が当たり前の時代が来つつあります。意外と知らないだけで、すごく良心的な価格なんです。

しかも「ウォーターサーバー」を設置することで生まれる「あるもの」の価値がものすごく高いんです。

下の方で紹介します。

3 お湯を沸かす時間削減

「冬の寒い朝、ブルブル震えながら起きて、バタバタしながらお湯が沸くのを待つ。」そんな苦しい時間にもさようならを告げましょう。

ウォーターサーバーがあれば、いつでも「お湯」が出ます。朝起きてすぐ、あったかいコーヒーや紅茶、スープを飲むことができます!最高じゃないですか?

「ケトルがあるから、それで十分!」

いやいや、ケトルでも家族分のお湯を沸かすのには時間がかかりますし、カビが生えないように定期的に手入れも必要ですよね。

「冷」「温」の飲料水がいつでも出せるっているのは、すごくストレスフリーな状況なんです。

4 健康維持

コンビニで「カフェオレ」「コーヒー」を買わなくなりました!

以前は、ちょっとお出かけした帰りにはコンビニに寄って、ストロー付きのカフェオレ(150円くらい)のやつを買って帰っていました。

麦茶で基本的に生活していましたが、「作り忘れたあ!」とか「もう古くなってる、、」ってことがあり、その代わりとして、飲み物を買って帰ってくることが多かったんです。

が、ウォーターサーバーを設置してからは、ほとんどコンビニで買うことがなくなりました。

もちろん「水を買ってるから」という現金な思考もありますが、それ以上に「水で十分」って思えるくらい、水がうまいんです。

わざわざお金出して、他の飲み物買わなくていいよなって思うようになりました。

必然的に糖分、カフェインの摂取量も減るので、体の内側から健康を維持することにもなります!

スポンサーリンク

ウォーターサーバー導入を渋ってしまう理由

  1. お金が高くなりそう
  2. 管理が面倒くさそう
  3. 確かに買い物は大変だけど、重い荷物でも運べないこともない
  4. ウォーターサーバーがなくても別に不便はしてない
  5. ショッピングセンターなどで販売している雰囲気が胡散臭い

私がウォーターサーバー導入前に、思っていたことを書き出してみました。

今設置を検討している人も同じような「渋り」を抱えているのではないでしょうか。

①お金が高くなりそう

A.使い方次第です。(安くも高くもできる)

メーカーによっても違うのであくまでも目安ですが、、1回の配送で20Lの水が配送。周期を1週間〜4週間から選べます。ただ、水の残り具合に合わせて、配送を「一回休み」にしたり、早めたりできます。

なので、一番遅い周期にすると「8週間で20L」にできます。これで約5000円くらい。

水代だけ見ると割高に感じるかもしれませんが、、、

  • 麦茶や緑茶も沸かしておくと、配送周期を伸ばせる。
  • コンビニなどで飲料を買わなくなる。

この2点を踏まえると、意外とどっこいどっこい、むしろ安く抑えられる時もあります。

「お金がどっこいどっこい」だとしたら、買い物の苦労を考えると、圧倒的にお得だなぁと感じています。

②管理が面倒くさそう

A.水を交換するだけです。(手入れもほぼいらない)

サーバーが届いたら、あとは水を交換していくだけです。

たまーに水受けを掃除しないといけませんが、普通に使っていればそもそも水がこぼれることもないので、これまで「手入れ」したことはほとんどありません。

故障しても、連絡すれば新しいものと交換してくれるので、本当に「管理」と言ってすることは何にもないんです。

③④⑤なくても不都合はないけど・・・

確かに「ウォーターサーバー」は「絶対必要なもの」ではないです。

ただ「ウォーターサーバー」があると、減らせるものと生み出されるものがあります。

「減らせるもの」は、「買い物の時の、重い荷物を運ぶ苦労とストレス」

「生み出されるもの」は、「時間」

生み出されるのは、貴重な「時間」

「お湯を沸かす時間」「重い荷物を運ぶ時間」「ペットボトルを洗って乾かす時間」「コンビニに立ち寄る時間」「鍋やケトルを洗う時間」「水を買いにコストコに行く時間」

これらは数十秒〜数十分の些細な時間ですが、まさに「チリも積もれば山となる」です。

毎朝ケトルでお湯を沸かすのに「1分」かかるとしましょう。1ヶ月続ければ「30分」

他の時間も含めると、私の感覚ですが、最低でも1ヶ月で「2時間」は、自由な時間が生まれます。

1年で「24時間」

ものすごく「長い時間」ではないでしょうか?

生まれた自由な時間で、本を読んでもいいし、リフレッシュに使ってもいい、副業の時間にしてもいい。

「水」を飲みすぎず、配送周期をうまく調整しながら使用すれば、現状と変わらない状況で、貴重な「時間」を生み出せます。

スポンサーリンク

まとめ

「出費」を抑えて「時間」を生み出す。

確かに「ウォーターサーバー」は必需品ではありません。でも、これがあるだけで、「生活の質」はグッとあがります。

要は使い方次第。ちゃんと考えながら、計算しながら使えば、最大限の「時間」を生み出すことができます。

他の人にはない「時間」を生み出してみませんか?

  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-良い人生を送る

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5