現地に持っていくべき「使える英語」を話すための必携本【どんどん話すための瞬間英作文トレーニング】

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

実際に英語を「話せる」ようになりたい!

実際に海外に行って「英語使って人と話したり、買い物したりしてみたい!」って人向けに、おすすめ本を紹介します!

私が、思い立って1ヶ月間のカナダのバックパッカーを決行したときに持参した唯一の英語本!

これを毎日開きながら、「お!この表現使えるじゃん!」とか「そういや今日の店員こんな感じの言葉言ってたな」って思ってた本です!

本当に基本的な表現ばかり、でもこの表現がスッと口から出てくるかどうかがポイントですよ!

【「英語学習」に関するおすすめの記事】
・英語学習におすすめのYouTubeチャンネル3選!
【2021年】留学で人気の国(不動の人気「カナダ・オーストラリア」に続く人気の国は??)

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」の魅力

  • 馬鹿らしいほど簡単な英文
  • パートごとに習得(パート1〜パート3)
  • CDを使って仕上げ

1 馬鹿らしいほど簡単な英文

この本に載っている英文はすべて「中学生レベル」のものだけ。

1ページ目の1文目の英文なんて「This is a book.」(これは本です。)ですよ笑

「そんな簡単なら意味がないじゃん!」って思う人がいるかもしれませんが、「馬鹿らしいほど簡単な英文」だからこそ、長続きするんです。

英語学習において最悪のパターンは、「途中でやめる(諦める)こと」。

複雑な文章が来た途端、「うぇっ」ってなりますよね?それが「簡単な英文」だと、何回も何回も繰り返すことができます。

その反復の末に、「これは本です。」→「This is a book.」への変換スピードをアップさせることができます。

この「馬鹿らしいほど簡単な英文」で構成されているところが、この本の最大の魅力です。

2 パートごとに習得(パート1〜パート3)

「パート1」=中学1年生レベル

「パート2」=中学2年生レベル

「パート3」=中学3年生レベル

で構成されているので、基本的かつ必修の英文から順に習得することができます!

後ほど「おすすめの勉強法」でも紹介しますが、「パート1」をクリアしたら「パート2」、「パート2をクリアしたら「パート3」というように進めていくことで、途中でつまずく可能性も少なくなり、着実に英語を習得できる本の構成になっているんです。

3 CDを使って仕上げ

本書にはCDがついています。

「日本語」→(スペース)→「英文」の順番で流れるので、仕上げに最適。

日本語を聞いてすぐに英文を口に出す!口に出した英文と、流れてきた英文が合っているかを確認する。

数秒のスペースの時間に、素早く英文を口にできるかどうかが、成功の鍵です!

私は、車にCDを入れて、ドライブするときに必ず聞いて口ずさむようにしています。

読んで話して、聞いて話して、これの繰り返しが何よりの上達の元です!

スポンサーリンク

「わかっている」から「できる」に!

「英作文回路」を作るのが目的

「英作文回路」とは、日本語の文章を見て、瞬間的に英語の文章に「変換」する力のこと。

「中学校で習った文なんだからわかってるよ!」って思う人も多いかもしれません。でもわかってるだけじゃダメ。ちょっとお試し・・・。

次の日本語を英語に直してください。

  1. 彼女たちは何ヶ月もアパートを探している。
  2. その机はとても重かったけれど、彼はそれを持ち上げようとした。
  3. 彼は彼女にその写真を見ないようにと頼んだ。

どうでしたか??

意外と時間がかかりませんでしたか?

おそらくちょっと時間をかければ、模範解答を導き出すことができる人も多かったと思います。でも、日本語を見て「瞬間的」に英文に直すことができた人は、少数派だったのではないでしょうか。

では、答えを確認しましょう。こちらです!

  1. 彼女たちは何ヶ月もアパートを探している。
  2. その机はとても重かったけれど、彼はそれを持ち上げようとした。
  3. 彼は彼女にその写真を見ないようにと頼んだ。
  1. They have been looking for an apartment for months.
  2. Although the desk was very heavy , he tried to lift it.
  3. He asked her not to look at the picture.

「look for」も「although」も「ask 人 to do」も「わかっている」!

けどまだ「できる」状態じゃない。

この「わかる」を「できる」に変えるのが、この「瞬間英作文トレーニング」です。「瞬間」ですよ!「瞬間」!

安心してください。私も上の3問は、最初は全く頭に思い浮かびすらしませんでしたから。でも毎日やっていれば、文字見た瞬間に口が動き出す感覚になります。もはや脳みそを経由していないような感じです。

多分この感覚が「英作文回路」なんだと思います。

悩んだら答えをすぐ見る

英語学習で陥りやすいでっかい落とし穴が

「この文章わからない!えーと、この単語の意味はこれで、この熟語がこれ。文法はこれだから。。。」

いりません!!!!

一つの文に時間をかけるのだけは絶対ダメ!!

なぜなら、「長続きしなくなるから」。

日本語を見て「わかんね。」っ思ったら、英文の答えを見て読みましょう。「ふ〜ん。」くらいでいい。それを毎日10日間続けてみましょう。

多分10日後には言えるようになってますから。

さあ、実践!!

できたら消す!!

息するように話せるようになったらどんどん消して、どんどんモチベーションを上げていきましょう!

目指せステージ3クリア!!

【「英語学習」に関するおすすめの記事】
英語学習におすすめのYouTubeチャンネル3選!
【2021年】留学で人気の国(不動の人気「カナダ・オーストラリア」に続く人気の国は??)
  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5