Google for Education

【Google Classroom(グーグルクラスルーム)】でクラス作成(手順)

学校で「Google Classroom」使うことになったけど、イマイチ使い方がわからない!

本記事では、そんな教員の方に向けて、「「Google classroom」の作成手順」を、画像と共にお伝えします。

「Google Classroom」は、慣れてしまえば、意外と使い勝手が良いんです。

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
・【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」をする方法(「裏技」しかありません。)「縦書き」できない⁉︎Google「スライド」「ドキュメント」「スプレッドシート」の裏技

「Google Classroom」作成の全手順!

1 「Google Classroom」アプリをクリック

  1. 「Google Chrome」をクリック
  2. 右上の「ビンゴカード」みたいなボタンをクリック
  3. その中にある「Google Classroom」のアプリをクリック

スマホでのダウンロードもできます!

Google Classroom
Google Classroom
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

2 「クラスを作成」をクリック


  1. 右上の「+」ボタンをクリックする
  2. 「クラスを作成」をクリックする

3 「クラスの名前」を決める

「クラス名」のところに、「教科名」も必ず入れましょう!

「○年○組」だけでそれぞれの教科のクラスを作成してしまうと、「○年○組」と書かれたクラスが溢れかえることになります。

「セクション」「科目」「部屋」は特に入力する必要はありません。

大事なのは「クラス名」だけ!

でもこの「クラス名」もあとで変更できるので、ご安心を!

4 「クラスコード」を表示する

クラスコードの右にある四角いマークをクリックすると、「クラスコード」が拡大表示されます。

教員側の操作はこれで終わり!

ここまでで「クラス」の作成が完了しました。

最後は子供の画面からの操作が必要です。

5 「クラス」に入る(生徒用)

  1. 右上の「+」ボタンをクリックする
  2. 「クラスに参加」をクリックする
  3. 「クラスコード」を入力する

以上で「クラス作成」の全手順が完了しました!

「3年1組(国語)」というクラスの中に、作成した自分自身と、児童生徒がいつでも入れる状態になりました。

ここまでできると、次回からはクラスコードを入力する手間が省けるので、子供達はすぐに各クラスの中に入ることができます。

授業前に「3年1組(国語)」をクリックさせるだけ。

あとは、授業のワークシートを配布したり、採点したり。色々と活用することができます。

スポンサーリンク

終わりに

オススメの使い方も随時発信していきますのでお楽しみに!

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」をする方法(「裏技」しかありません。)
「縦書き」できない⁉︎Google「スライド」「ドキュメント」「スプレッドシート」の裏技

-Google for Education

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5