Google for Education

【Google Classroom】資料を「共同編集」するために!/配布「前」の注意点

資料をみんなで共同編集したい!

今回は【Google Classroom】における、「資料配布」をするときの注意点をご紹介!

ここの選択一つで、共同編集も、一人ひとりに課題配布もできるようになりますよ!

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」どうやるの?(方法)
【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)

資料配布前に「3つの選択肢」!

「ドキュメント」や「スプレッドシート」「スライド」などを「クラスルーム」で作成・配布するときには、上の画像の3つの選択肢から選ぶことになります。

  • 生徒はファイルを閲覧可能
  • 生徒はファイルを編集可能
  • 各生徒にコピーを作成

それぞれの意味を説明します。

1 「生徒はファイルを閲覧可能」

「生徒はファイルを閲覧『だけ』可能

という意味です。

生徒が、この資料に手を加えることは一切できません。

ただ生徒側は、教員側に対して編集できるよう「申請」することはできます。

【注意点】
本当は「共同編集」できるように配布したかったのに、間違って「閲覧のみ」で配布してしまった場合は、再度「配布し直す」必要があります。
配布し直して、子供たちには授業に入り直してもらいましょう。

2 「生徒はファイルを編集可能」

教員も含め全員で「共同編集」が出来ます。

グループでスライドまとめをする際や、国語の初読の感想を一斉に表示する際などに役立ちますね!

【注意点】
「共同編集中」に、誤って他の人が編集したスライドやセルを削除してしまった場合、元に戻すのが難しいです。「戻る」ボタンで戻せる時もありますが、全員が編集を行っているため、「もとに戻らない」事がほとんど。
あらかじめ「編集エリア」を定めて、他のエリアには触れないようにしておくことをお勧めします!

3 各生徒にコピーを配布

クラス人数分「コピー」をして配布します。

なので、個人で編集して個人で提出することになります。普通のプリント配布を、ただPC上でやっているという感覚です。

スポンサーリンク

終わりに

配布の仕方には「閲覧」「共同編集」「コピー」の3種類があります!

授業内容や場面に合わせて使う分けると効果抜群です!

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
・【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」どうやるの?(方法)【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)

-Google for Education

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5