Google for Education

【Google Classroom】1つのクラス複数の「教師」を入れる方法(全員「資料」を送れます)

一つのクラスに「教師」を何人か追加したい!!

今回は一つのクラスに「複数」の「教師」を入れる方法をお伝えします。

「教師」としてクラスに参加することで、自ら資料を配布できるようになります!(「生徒」として参加した場合は、資料の配布はできません。)

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
・【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」をする方法(「裏技」しかありません。)

「教師」でクラスに参加する【メリット】

  • 全員が、「資料」を送ることができる
  • 長期的にやりとりする集団の場合に便利

「教師」と「生徒」という関係だと、「生徒」側は資料を送ることができません

また、長期にわたってプロジェクトを進めていく場合にもかなり便利。

スポンサーリンク

クラスに「教師」を追加する手順

「クラスを作成」した後からの流れです!(クラス作成の仕方については「【Google Classroom(グーグルクラスルーム)】でクラス作成(手順)」を参考にしてください。

1 「メンバー」をクリック

2 「教師」の横にある「+」のボタンを押す

「+」を押すと、下の画像が出てきます!

3 招待したい相手の「名前」か「アドレス」を入力

ここに、招待したい人の「名前」か「アドレス」を入力して、右下の「招待する」をクリックしましょう!

これで完了です!

招待された相手が「参加」する

あとは、招待された相手が、そのクラスに「参加」するだけ。

これで、全員が「教師」として参加して、相互に資料を送り合える状況になりました!

この手順でやってみてください!

【「Google classroom」に関するおすすめの記事】
【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)
【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」をする方法(「裏技」しかありません。)

-Google for Education

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5