Google for Education

【Google for Education】スライドを他人と「共有」(共同編集)する方法

Googleのアプリってどうやって「共有」(共同編集)するの?

今回は、Googleアプリを、他の人と「共有」して、「同時」に「編集」する3つの方法をお伝えします!!

「スライド」「ドキュメント」「スプレッドシート」、この3つはどれでも「共有」が可能です!

【「Google for Education」に関するおすすめの記事】
・【Google Classroom】「クラス」を削除・復元する方法【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)

他人と「共有」する3つの方法

  1. 「共有」したい相手の「ユーザー名」「アドレス」を入力する
  2. 「共有」したい相手に「リンク」を送信する
  3. 「共有」したい人全員が同じ「クラスルーム」に入る

1 「共有」したい相手の「ユーザー名」「アドレス」を入力する

1つ目は、共有したい相手の「ユーザー名」や「アドレス」を直接入力する方法。

具体的な手順を消化しましょう!

画面は「スライド」ですが、「ドキュメント」も「スプレッドシート」も手順は同じです!

まずは右上の「共有」をクリック!

すると次の画面が表示されます。「ユーザーやグループと共有」「リンクを取得」の2種類ありますが、まずは上の方。

「ユーザーやグループを追加」のところに、参加させたい人の「ユーザー名」もしくは「メールアドレス」を入力しましょう!

すると次の画面になります。

「編集者」にチェックが入っているかどうかは要チェック!

「閲覧者」だと、見るだけで、一緒に編集できませんよ!「通知」のオンオフ、メッセージを確認したら送信するだけ。

これで一つ目の方法は終わりです!

  • 単発・短期的な相手と「共有」するとき
  • 少人数で「共有」するとき

こういう場合は1の方法を使うと便利ですよ!

2 「共有」したい相手に「リンク」を送信する

2つ目の方法は、右上の「共有」ボタンを押すところまでは同じ!

その後に「リンクを取得」して、共有したい相手に送りましょう

リンクを「制限付き」にするか「リンクを知っている全員」にするか。

正直どちらでもいいかなと思います。

ただ、セキュリティのこと、万一のことを考えて、私はいつも「制限付き」でやってます!

  • LINEグループに送るとき
  • 大人数で共同編集するとき

3 「共有」したい人全員が同じ「クラスルーム」に入る

3つ目は「クラスルーム」でクラスを作って、その中で共有する方法。

手順を紹介します。

①「クラス」を作成し、共有相手にコードを入力してもらう

まずは、「クラス」を作るところから。

クラスの作成手順についてはこちら「【Google Classroom(グーグルクラスルーム)】でクラス作成(手順)」を参考にしてください!

【注意点】

この手順でやると、クラスを作った人が「教師」、コードを入力した人が「生徒」という関係性になります。

なので、「生徒」側からは、資料を送ったりできないんです。

参加者全員が対等な位置付けにしたい時には、全員「教師」として、クラスに入る必要があります。

全員が「教師」として参加する方法はこちら「【Google Classroom】一つのクラス複数の「教師」を入れる方法」を参考にしてください。

②「授業」を作成し、共同編集する資料を添付する

「授業」をクリック、そこから「課題」をクリックしましょう。

③「生徒は編集可能」を選択して、資料を配布する

赤い四角で囲ってあるところだけ注意して入力すればOK!

一番注意しないといけないのが「生徒はファイルを編集可能」にすること。

資料配布前の注意点については「【Google Classroom】資料を「共同編集」するために!/配布「前」の注意点」を参考にしてください。

これでクラスにいる「先生」も「生徒」も、一つのファイルを「共同」で「編集」することができるようになります!

  • 長期的・継続的に相手と「共有」するとき
  • 大人数で「共有」するとき

に、この方法を使うと良いですね!

スポンサーリンク

終わりに

今回は「スライド」や「ドキュメント」「スプレッドシート」を「共有」する方法についてまとめました!

この「共同編集」他のOfficeとかと違ってかなり便利です!

プロジェクトも進めやすくなること間違いなし!

ぜひお試しください!

【「Google for Education」に関するおすすめの記事】
【Google Classroom】「クラス」を削除・復元する方法
【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)(小テストの「種類」「使い分け」)

-Google for Education

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5