Final Cut Pro

【Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)】カットした動画を「復元」する方法!

動画をカットして「点線」になったところを元に戻したい!

本記事では、「Final Cut Pro」における、「カットした動画」を元に戻す方法についてまとめています。

「間違ってカットしちゃった!」

「点線が気になる・・・」

そんな方はぜひ参考にしてください。

「復元」する2つの方法

「復元」する方法

  1. 「command」+「Z」
  2. 動画をコピー&ペーストする

厳密にいうと、「復元」という操作はありません。(自分が調べた限りでは・・・)

「復元っぽい」操作はもちろんできるので、上にあげた2つの方法は「復元っぽい」方法です。

1 「command + Z」

1つ目の方法は、「commnad」+「Z」を押す方法。

これは、Final Cut Proに限らず、「PCの基本機能」で、「1つ戻る」意味があります。

なので、カットした直後であれば、この方法が一番楽!

カットした部分は「点線」表示に。その部分にカーソル(縦の赤い線)を合わせ(←合わせなくてもできます、すみません)「command + Z」を押すと、元の一本の動画に復元することができます。

「カット」した後に、いくらか操作をしてしまうと、それら全ての操作を戻さないといけないので、あくまでも「カットした直後」の操作になります。

2 動画を「コピー&ペースト」する

2つ目の方法は、動画を「コピー&ペースト」する方法。

手順

  1. カットした動画を「コピー」して、その動画の真下に「ペースト」する
  2. 同じ長さになるように、動画を引き伸ばす
  3. カットされた動画を削除する

これだけ。

簡単にいうと、カットする前の動画を「挿入し直した」ということになります。

これも、「復元」ではないので、例えばすでに動画に「エフェクト」などを入れていた場合、もう一度入れ直さないといけないというデメリットがあります。

最後、点線がなくなったことを確認しましょう!

スポンサーリンク

終わりに

本記事では、カットした動画を「復元」する方法について紹介!

厳密には「復元」ではないですが、この2つの操作で、元の状態に戻すことができますよ!

しかも、「command」+「z」に関しては、PCを使うときはいつでも使えるので、ぜひ覚えておくといいですよ。

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5