Final Cut Pro

【Final Cut Pro】「字幕」「テロップ」の挿入・大きさを変える方法

1月 21, 2021

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

字幕とかテロップを入れるにはどうすればいいの?

本記事では、Final cut proの編集ソフトを使って、動画に「字幕」や「テロップ」を入れる方法についてまとめています!

字幕やテロップの種類は正直無限大。

今回は、一番「シンプル」な字幕、テロップの挿入の仕方をお伝えします。

記事の内容

  • 「字幕」「テロップ」の挿入の仕方
  • テロップの動かし方
  • 字幕の後ろに「黒い帯」を挿入する方法
  • 「吹き出し」の挿入の仕方

【字幕】は「カスタム」が簡単!

「字幕」の挿入は、「カスタム」を使うのが簡単!

「カスタム」を使う理由

一番シンプルな文字入力だから。

他のは、回転したり、色が変わったり、大きさが変わったり、いろんなエフェクトがつけられているものばかり。

この「カスタム」は単に、そのタイミングで文字が表れ、そして消えるので、「字幕」としては最適。

もちろん後から、色々なエフェクトを追加できるので安心してください!

下に字幕挿入までの手順をまとめていますよ!↓

1 「タイトル挿入」をクリック

まず、左上にある「T」のマーク、「タイトル」の「T」、これをクリックしましょう!

すると、タイトル作成や、文字入力に使えるエフェクトがたくさん出てきますね!

2 「カスタム」で検索

上のところに「検索ボタン」が出てきますね!

そこに「カスタム」と入力してください。

すると3種類出てきますが、一番シンプルな「カスタム」を選択しましょう。

これを編集場所(タイムライン上)にドラッグすればOK!

3 字幕の「言葉」を入力

動画の真ん中に、「タイトル」と書かれた小さな文字が表示されましたね!

その位置と、入力文字を調節しましょう。

プレビュー画面上で直接、文字を入力することもできますよ!

4 自分好みの字体に調整する

最後に、右側のところで、「フォント」や「大きさ」、「色」「影」「文字枠」など、色々と調整することができますよ!

字幕を入れるときの注意

「背景」の色と被ってないか確認しましょう!

動画全体を通して、字幕は統一感があったほうがいいので、背景の色と被っているところがないか確認するといいですよ。

また、字幕の背景に「黒い帯」を挿入してもOK。

/st-mybox]

“【DMM】でさらに本格的なスキル習得”

「動画クリエイター」としてのスキルをもっと高めたい方【DMM WEBCAMP】の「動画クリエイターコース」がおすすめ。

動画の「構成」→「編集」→「納品」までの一連の流れをオンラインで習得できます。

無料相談・無料体験も実施しているので、気になる方はそこから始めてみてはどうでしょうか。

【DMM WEBCAMP】無料相談・無料体験はこちら

スポンサーリンク

字幕の後ろに、「薄い黒帯」を入れる方法

1 「タイトル」→「ジェネレータ」→「シェイプ」

「タイトル」→「ジェネレータ」→「シェイプ」の順に選択して、「シェイプ」を、下の編集の枠に入れよう!

2 「パラメータ」→「Shape」「Fill」「Outline」の編集!

右上の「パラメータ」(数字が書いてあるやつ)をクリック。

たくさんの英語の言葉は表示されますが、慌てず笑

変更すべきは、3つだけ!!上の画像のようにすればOKですが、詳しく説明すると。。。

操作の仕方

  • 【Shape】(図の形)→「Square」(四角)に変更
  • 【Fill】(図の塗りつぶし)→「あり」(チェックをつける)&色は「黒」系
  • 【Outline】(枠線)→「なし」(チェックを外す)

これで、上の画像のような、真っ黒な四角が完成

この四角の形を整えていきましょう。

3 「隣の編集ボタン」→「不透明度」→「調整」→「位置」の編集!

右上の「編集」ボタンをクリック!

帯の調整

  1. 「不透明度」の調整:後ろの動画が透けて見えるように!
  2. 「調整」:黒帯を、横に細長い長方形に!
  3. 「位置」:字幕が帯の真ん中に来るように!(下は空けても空けなくてもよし!)

この順番で編集するとスムーズ!

4 完成動画の確認!

完成動画で、もう一度、字幕の位置や、黒帯の「透明度」をチェック!

背景の動画の色によって、見えにくくなったりする場合もあるので、確認しておきましょう!

 

【テロップ】を動かしながら使うには?

「テロップ」の挿入も、字幕と同様のやり方でできます。

ただ、テロップとなると、動画内での動きがあったり、かっこいいエフェクトが必要だったりしますよね。

それをやる方法は主にこの2つ!

動きのあるテロップを使う方法

  1. 「カスタム」以外の、動きのある「タイトル」を使う
  2. 「キーフレーム」を使って、自分の思い通りの動きを作る

この2種類のどちらかで、文字に動きをつけることができます。

1の方法は、「既に決まった動きに、文字を当てはめる方法」

2の方法は、「0から動きを作り上げる方法」

という認識でOK!

1の方法は、プレビュー再生しながら、お気にいりのタイトルを見つけましょう。

2の「キーフレーム」は少し手間がかかりますが、オリジナルの動きをつけることができます。

 

スポンサーリンク

「キーフレーム」を使って

1 「始点」にカーソルを合わせ、変更したいエフェクトの「キーフレーム」をクリックする!

「位置」を変えたければ「位置」の「キーフレーム」を、「回転」させたければ「回転」の「キーフレーム」をチェック。

ひし型が「黄色」になっていたらOK

2 「終点」にカーソルを合わせ、さっきと同じ「キーフレーム」にチェック!

ここでいう「終点」は、動画の終わり部分でもいいし、動画の途中まででもOK!

「この部分まで動かしたいなぁ」ってとこにカーソルを置きましょう

3 「終点」部分の、動画の形を決める!

さっきチェックした「キーフレーム」の、数値を調整しましょう。

ここで設定した位置に向かって、一定速度で画面が移動することになります。

“【ココナラ】でスキル販売”

動画編集のスキルが身に付いてきたなぁと思ったら「ココナラ」 でそのスキルを販売してみませんか。

案件の詳細(価格、ジャンル、納期など)は全部自分次第

さらなるスキルアップを目指しながら、収入も増やせます。

【ココナラ】の無料会員登録はこちら

 

「Final cut pro」で「吹き出し」を入れる方法

セリフを「吹き出し」の中に入れたい!

続いては「吹き出し」の挿入の仕方について紹介。

1 「タイトル」→「要素」→「吹き出し」(検索で「吹き出し」でもOK)

左上の「タイトル」から、「吹き出し」を探しましょう

「要素」の中から探してもいいし、「吹き出し」で検索をかけてもOK。

2  「吹き出し」を入れたいところに挿入

「吹き出し」を下の編集画面にドラッグ。

これで、画像のような「吹き出し」が挿入されました。中の文字は、右上の「テキスト」と書かれたところを変更すれば変えられますよ。

 

「吹き出し」の形とか色とか、色々アレンジしたい!

 

まだまだ色々アレンジが可能。

詳しい方法は下の記事にまとめているので、そちらを参考に。

【Final cut pro】「吹き出し」をつける方法/位置・形も自由自在!

ペットが話してるみたいに吹き出しをつけたいんだけど! ペット動画とかでよく出てくる「吹き出し」。 「吹き出し」を入れるだけで、動画がおしゃれになりますよね! 本記事では、「Final cut pro」 ...

続きを見る

終わりに

今回は、字幕・テロップの挿入方法、それから編集方法も合わせてお伝えしました。

動画のカットができて、字幕の挿入もできてくると、かなり動画としての完成度も上がってきましたね。この調子で、どんどんレベルアップしましょう!

  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-Final Cut Pro
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5