Final Cut Pro

【Final Cut Pro】「逆再生」する方法(速度の編集方法まとめ)

1月 22, 2021

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

動画を「逆再生」してオシャレな動画を作りたい!

めちゃめちゃ簡単にできます!

本記事では、Final Cut Proにおける「逆再生」の仕方について、簡単にまとめています!

「逆再生」ができるだけで、動画編集の幅が広がりますよ。

記事の内容

  • 「逆再生」する方法
  • 「再生速度」を変更する方法
  • 「プレビュー再生」の速度を変更する方法
  • クリップの再生速度を「一括変更」する方法

動画を「逆再生」するには

「時計」をクリックし、「逆再生」を選択

プレビュー画面の下にある「時計のマーク」。これをクリック!

たくさん出てきた項目の中の真ん中んくらいにある「クリップを逆再生」、これをクリックするだけ!

たったこれだけで、「逆再生」完了です。

合わせて、倍速の仕方、スロー再生の仕方についても載せておきますね。

スポンサーリンク

動画の再生速度を変える方法

動画の再生速度を変える手順

  1. プレビュー画面下の「時計」マークをクリック
  2. 「速く」「遅く」「カスタム」のいずれかを選択
  3. 好みの速度に調節

1 「時計」のマークをクリックする

現在の動画の時間は15分11秒。

「動画の再生時間」の左上にある「時計」のマークをクリックしましょう!

2 「速く」「遅く」「カスタム」のいずれかを選択

 

そこで表示された項目の中から、「速く」「遅く」「カスタム」のいずれかを選択して速度を調節しましょう!

 

「遅く」をクリックすると、「50%」「25%」「10%」、

「速く」をクリックすると、「2×」「4×」「8×」「20×」をテンプレートとして選択可能。

3 好みの速度に調整

下の画像は、試しに「遅く」の「50%」を選択したもの。再生時間が「2倍」になりました。

こんな感じで、「倍速」「スロー再生」ができますよ!

また、「カスタム」を選択すると、テンプレートじゃなく、自由に速度調整が可能!

 

上の画像の「100」のところを、好きな数字に変えるだけですよ!

これで、「動画そのものの速度を変える方法」の説明はおしまい。

“【DMM】でさらに本格的なスキル習得”

「動画クリエイター」としてのスキルをもっと高めたい方【DMM WEBCAMP】の「動画クリエイターコース」がおすすめ。

動画の「構成」→「編集」→「納品」までの一連の流れをオンラインで習得できます。

無料相談・無料体験も実施しているので、気になる方はそこから始めてみてはどうでしょうか。

【DMM WEBCAMP】無料相談・無料体験はこちら

プレビュー画面で早送り再生するには

結論:「L」をクリック

これだけ!!

1回クリックすると、「2倍速」。2回クリックすると「4倍」、3回クリックで「8倍」・・・というふうに増えていきます。

通常の動画再生でも「L」で早送り可能!

プレビュー画面での再生だけじゃなく、書き出した後の動画とかダウンロードした動画も「L」をクリックすれば、早送り再生ができるんです。

結構便利でしょ?

動画編集の最後の確認の「時間短縮」になりますよね。

え、ってことは「巻き戻し」もボタンひとつでできるの」

その通り!察しがよろしいです。

高速巻き戻しをするには「J」

結論:「J」をクリックするだけ!

あとは、早送り再生同様、押せば押すほどスピードアップしていきますよ。

さらにさらに、ついでに覚えましょう。

「L」と「J」の間にあるキー「K」は、「停止」ボタンにもなります。

もちろんスペースキーでも停止ですが、指を動かさずに停止もできるんです。

“【ココナラ】でスキル販売”

動画編集のスキルが身に付いてきたなぁと思ったら「ココナラ」 でそのスキルを販売してみませんか。

案件の詳細(価格、ジャンル、納期など)は全部自分次第

さらなるスキルアップを目指しながら、収入も増やせます。

【ココナラ】の無料会員登録はこちら

スポンサーリンク

複数のクリップの再生時間を「一括変更」する方法

例として、上の画像の3つの動画の再生時間を全て、「10秒」に一括変更します。

1 「再生時間を変更したい動画を選択」→上のバーにある「変更」→「継続時間を変更」

まず、一括変更したい動画を選択!

時間を変更したくない動画が間にある場合は、「command」を押しながら、クリックするとOK!

次に、上のメニューバーにある「変更」をクリック。

その中にある、「継続時間を変更」をクリックしましょう。

2 「再生時間」を変更

中央の動画の下の時間が「青色表示」になるはずです。

この状態のまま、変更したい時間を入力しましょう!上の画像の入力の仕方で「10秒」です。

【00:00:00:00】=【時間:分:秒:ミリ秒】なので注意してくださいね。

3 「エンターキー」で変更完了

時間を入力後、「エンターキー」で、選択したクリップの再生時間が一斉に10秒に変更されました。

これで「再生時間の一括変更」の操作はおしまいです。

 

終わりに

今回は、「逆再生」のしかた。

「飽きさせない動画」を作るために、ぜひ覚えておきたい操作ですね!

  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-Final Cut Pro
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5