Google for Education

【Google ドキュメント】「テキスト」を挿入する方法!(面倒くさいけどできます!)

ドキュメントって「テキスト」挿入できるの?

できます。ただ、一手間が必要になります。テキストを挿入するための手順をお伝えします。

【「Google for Education」に関するおすすめの記事】
【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」どうやるの?(方法)
「縦書き」できないGoogle「スライド」「ドキュメント」「スプレッドシート」(対策)
【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)

「テキスト」を挿入する方法

1 「挿入」→「描画」→「新規」

「テキスト」を挿入したいドキュメントを開きます。そこから「挿入」→「描画」→「新規」の順にクリックしましょう。すると次の別の画面が表示されます。↓

2 「図形描画」で「テキスト挿入」

「図形描画」という画面が表示されます。ここでは画像や図形、線などを自由に創作、挿入ができます。「T」をクリックすると、おなじみのテキストボックスが表示されるので、挿入したい言葉を入力しましょう。

3 文字を入力し、「保存して終了」

挿入したい文字を入力したら右上の「保存して終了」をクリック。すると、画面がドキュメントに切り替わり、テキストボックスが挿入されます。

4 「テキストを折り返す」で場所を変更

「テキスト」を折り返す」にすると、自由に、テキストボックスの場所を移動することができます。左側の「編集」を押せば、再び「図形描画」の画面に戻り、編集をすることができます。

【「Google for Education」に関するおすすめの記事】
・【Googleドキュメント】「原稿用紙設定」どうやるの?(方法)「縦書き」できないGoogle「スライド」「ドキュメント」「スプレッドシート」(対策)【Google Classroom】「フォーム」を使って小テストをする方法(自動採点)

-Google for Education

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5