Final Cut Pro

【Final cut pro】「書き出し」が遅すぎるのはなぜ(解決方法)

4月 13, 2021

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

Final Cut Proの書き出しが全然進まない!
虹色がすぐぐるぐるするんだけど・・・

 

本記事では、Final Cut proにおける、「書き出し」でつまづいている方に、確認して欲しいポイントをまとめました。

自分が、書き出しの際に、経験したものだけピックアップしてるので、全てに対処できるわけではありませんが、同じ原因で悩んでいる方の解決になればと思います。

私が使用している「Mac」のスペック

  • MacBook Air
  • M1チップ搭載前の旧世代のもの

(自分が使ってるPCは、M1チップ搭載前のものなので、スペックは高くありません。どうしても、動画の容量が重くて、書き出しができない!という場合は、最新のM1チップが搭載されたものを購入するのが一番手っ取り早い。旧世代の2倍の書き出しと言われています。さらにM2チップも先日発売。動画の書き出しスピードはM1よりも少し速くなったくらいですが、それでも編集むきのスペックを持っています)

書き出しが遅い時に、確認すべき5つのこと

次の5つを行っている場合、書き出しが遅くなる時があるようです。

「書き出し」が進まない時の5つの確認ポイント

  1. 挿入した動画の「再生時間」を変更している場合
  2. 「動きのあるエフェクト」を、いくつも(もしくは長時間)使っている場合
  3. ライブラリの「データ量」が増えすぎている場合
  4. PCの「使用時間」が長い時
  5. 書き出す動画の「サイズ」が大きい

1 挿入した動画の「再生時間」を変更している場合

1つ目の確認ポイント、「動画の再生速度を変更」していませんか?

「動画の再生速度」を確認!

  • 「低倍率」の動画をたくさん入れている
  • 「高倍率」の動画を1つ入れている

このどちらの場合でも、「書き出し速度が遅くなる」可能性があるみたいです。

じゃあどうすれば、スムーズに書き出しできるの??

対処法

・「速度を変えたい動画」部分の動画を、速度を変えた状態で、「単体」で書き出す

もしかしたら他に方法があるかもしれないですが、自分はこれでうまくいきました

どうしても一部分2000%の速さで再生したくて、でも全く書き出せなかったので、その動画だけのプロジェクトを作成して、書き出すとうまく行きましたよ!

2 「動きのあるエフェクト」を、いくつも(もしくは長時間)使っている場合

2つ目の確認事項は、無駄に派手な「エフェクト」を入れすぎていないか

「Final Cut Pro」には、デフォルトで、ものすごくおしゃれなタイトルとか、字幕とか、動きがあるものがたくさん入ってますよね。

それを使いすぎていないか、もしくは長時間使ってないか、チェック。

自分の場合、「スピンサイクル」っていうエフェクトを10分くらい入れていた時は、全く書き出しができませんでした。

本当にそれが原因かはわからないですが、それを、動きのないシンプルなものに変えた途端、スムーズに書き出しができたので、可能性はあると思いますよ。

対処法

  • エフェクトがシンプルなものを使う
  • エフェクトが派手なものは、それ単体で書き出す

“【DMM】でさらに本格的なスキル習得”

「動画クリエイター」としてのスキルをもっと高めたい方【DMM WEBCAMP】の「動画クリエイターコース」がおすすめ。

動画の「構成」→「編集」→「納品」までの一連の流れをオンラインで習得できます。

無料相談・無料体験も実施しているので、気になる方はそこから始めてみてはどうでしょうか。

【DMM WEBCAMP】無料相談・無料体験はこちら

3 ライブラリの「データ量」が増えすぎている場合

3つ目の確認事項は、「編集データ」が増えすぎていないか。

「ライブラリ」の整理してみましょう!データが溜まりすぎていませんか?

これまで作成した動画のデータ、挿入した動画や画像、音楽のデータの管理はしていますか?

不要のライブラリは、削除していかないと、どんどんデータが溜まって、パソコンの動作は遅くなるばかりです。

これを機に整理をしてみましょう!

対処法

  • 「Finder」から「Final Cut Pro」の保存先を開いて、削除する
  • 「ゴミ箱」の中のデータを削除する

「ライブラリ」を削除する手順については、下の記事にまとめているので参考にしてください!↓

【Final cut pro】ライブラリを削除する方法(データ容量節約)

動作を軽くするために、ライブラリを削除したいのに、どうすればいいかわからないよー 「ライブラリ」の削除、実は「Final cut pro」のアプリからは操作ができないんです。 「イベント」「プロジェク ...

続きを見る

4 PCの「使用時間」が長い時

4つ目の確認事項は、「PCの使用時間」の長さ

長時間にわたって、編集をし続けて、終わってすぐ「書き出し」。を、しようとすると、なかなかうまくいかないことが多かったです。

PCが熱を帯びすぎていたり、ファンが回っていたりしていたら、少し休憩させましょう!

そうじゃなくても、長時間使用している場合は、しばらくそっとしておいた方が、スムーズな書き出しができますよ!

対処法

  • しばらくPCを放置する
  • 電源を落とした状態で、しばらく待つ

5 書き出す「動画のサイズ」が大きい

5つ目の確認ポイントは、書き出す「動画のサイズ」「動画の解像度」が適切かどうか。

無駄に「4Kの高画質」とかで出力していると、それはもちろん時間がかかってしまいます。

1番「サイズ」が小さくて、出力しやすいのは「H.264。上の画像の「ビデオコーデック」のところを「H.264」にしましょう。

mp4ファイルでの出力、かつ、サイズも小さい出力方法ですよ!

対処法

  • 「H.264」で、出力にする
  • 動画の使用用途に合わせたサイズで出力する

Final Cut Proにおける「出力のファイル形式」については、下の記事に詳しくまとめているので参考に!↓

【Final cut pro】動画の出力のファイル形式(比較とおすすめ)

出力ファイルがたくさんあって、どれにすればいいのかわからない! 「Final cut pro」編集者に向けて、上のような悩みを解決すための記事を作成! 出力に関する悩みはこれで解決!! 動画編集でお小 ...

続きを見る

“【ココナラ】でスキル販売”

動画編集のスキルが身に付いてきたなぁと思ったら「ココナラ」 でそのスキルを販売してみませんか。

案件の詳細(価格、ジャンル、納期など)は全部自分次第

さらなるスキルアップを目指しながら、収入も増やせます。

【ココナラ】の無料会員登録はこちら

スポンサーリンク

いらないデータの削除方法(そもそもデータどこにあるの?)

編集のデータはPC内の「ムービー」の中に保存されています。

「Finder」をクリックし、右上の検索ボタンで「Final cut pro」と検索すると出てきます。

「プロジェクト」「イベント」「ライブラリ」それぞれ削除方法が異なるので、一つずつ説明します。

「プロジェクト」の削除

「プロジェクト」の削除は簡単。

「Final cut pro」の編集画面から、削除したい「プロジェクト」を選択

そして「ファイル」→「ゴミ箱に入れる」この操作で、「プロジェクト」の削除は完了!

「ライブラリ」と「イベント」はそのまま残っています。

「イベント」の削除

「イベント」の削除も「Final cut pro」の編集画面から行えます。

左にある「イベント」を選択→「ファイル」→「イベントをゴミ箱に入れる」

これで「イベント」の削除の操作は完了。

⚠️ただし、「イベント」の削除ができるのは、「ライブラリ」のなかに、複数の「イベント」がある時だけ。

つまり、「ライブラリ」の中に、「イベント」が一つしか入っていない場合は、「削除」することができません。

その場合は、「ライブラリ」ごと削除をしましょう。

「ライブラリ」の削除

「ライブラリ」の削除だけは、方法が異なり、「Final cut pro」の編集画面からは行えません。

「ライブラリ」の保管場所は、PC本体。

「Finder」→「ムービー」の中にあります。

紫色の星がついたマークが「ライブラリ」です。

これをそのままゴミ箱に入れれば、「削除」完了。

この後、「Final cut pro」の編集画面を見ると、ライブラリごと削除されているのがわかります。

終わりに

どうでしょうか。

書き出しスピードは改善したでしょうか。

一番は、性能のいいMac(M1、M2チップ搭載のもの)に買い替えることですが、なかなか、ね笑

  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-Final Cut Pro
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5