Final Cut Pro

【Final cut pro】「MP4ファイル」で書き出す方法

「Final cut pro」って、どうやって「MP4ファイル」で書き出せばいいの??

パッと見た感じでは、MP4ファイルでの出力が見当たらないですよね。

でもちょっとした操作で、書き出しができるので、下の記事を参考にしてください!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】書き出しが遅い時の解決方法3選!【Final cut pro】「ライブラリ」「イベント」「プロジェクト」の意味を簡単解説!

「出力先」を「コンピュータ」にするだけ!

1 「ファイル」→「共有」→「出力先を追加」

画像のように、左上の「ファイル」から、「共有」をクリック。「出力先を追加」をクリックしましょう!(「マスター(デフォルト)」からでもできますが、それは2つ目で紹介。

2 「マスター(デフォルト)」→「フォーマット」→「コンピュータ」

初めの状態では、「フォーマット」のところが、「ビデオとオーディオ」になっているはず。この部分を「コンピュータ」に変更しましょう!

ここまでの設定を終えて、「出力」すれば、「MP4ファイル」で出力することができますよ!簡単簡単!!

これでも十分ですが、一応もう一つのやり方もお伝えしておきます。

スポンサーリンク

「出力先」を「コンピュータ」にするだけ!(Part2)

「ファイル」→「共有」→「マスター(デフォルト)」or 右上の「共有ボタン」

「ファイル」→「共有」→「マスター(デフォルト)」の順にクリックするか、右上の「共有」ボタンをクリック!

すると次の画面が表示されます。

「設定」→「フォーマット」→「コンピュータ」

この状態で、右下の「次へ」を押すと、「MP4」での出力が開始です。

こっちの方が手順は少ないので、簡単かもしれないですね!

一番データ量が軽いのは「ビデオとオーディオ」の「H.264」

「普通の画質でいい!」「出力を早くしてほしい!」

そんな人は、「「ビデオとオーディオ」の「H.264」がおすすめ!動画の長さや重さにもよりますが、他のよりも出力サイズが小さいので、一番早く出力ができると思いますよ!

動画編集に慣れてきたら、【ココナラ】に無料登録をして、身につけた編集スキルを活かそう! また、動画編集でのお小遣い稼ぎなら【クラウドワークス】。字幕作成から稼げます。
【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】書き出しが遅い時の解決方法3選!【Final cut pro】「ライブラリ」「イベント」「プロジェクト」の意味を簡単解説!

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5