Final Cut Pro

【Final cut pro】ライブラリを削除する方法(これで動作が軽くなるかも!)

動作を軽くするために、ライブラリを削除したいのに、どうすればいいかわからないよー

「ライブラリ」の削除、実は「Final cut pro」のアプリからは操作ができないんです。

「イベント」「プロジェクト」の削除は、アプリから直接できますよ!

本記事では、「ライブラリ」の削除方法についてお伝えします!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final Cut Pro】音楽に合わせて画面を切り替える方法【Final Cut Pro】ワイプを表示する方法

「ライブラリ」の保存先はどこ?

「Final cut pro」のデータをどこに保存しているか、わかりますか?

実は、「ライブラリ」作成の段階で、保存先を自分で指定していると思います。

「記憶にないよぉ〜」って人は、「ムービー」がデフォルトになっていると思うので、「ムービー」のフォルダを開きましょう。

この紫色のアイコンが、「Final cut pro」の「ライブラリ」のアイコン。

ダブルクリックすれば、そのまま「Final cut pro」の編集画面になりますよ!

このアイコンを「右クリック」して、「ゴミ箱に入れる」。

スポンサーリンク

「ゴミ箱」内からの削除を忘れずに!

「ゴミ箱」に入れた後、まだデータはPC内に残った状態になっています!

なので、「ゴミ箱」を開いて、「すぐに削除」をクリック。これで完全消滅です。「ゴミ箱を空にする」でもいいですが、そしたらゴミ箱内の全てのデータの復元ができなくなるので注意!

まとめ

定期的に、データの整理をしておくのがベスト!

「Final cut pro」内のデータと、PC本体のデータを、整理しておけば、スムーズな編集ができると思いますよ!

動画編集に慣れてきたら、【ココナラ】に無料登録をして、身につけた編集スキルを活かしましょう! また、動画編集でのお小遣い稼ぎなら【クラウドワークス】。字幕作成から稼げます。
【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final Cut Pro】音楽に合わせて画面を切り替える方法【Final Cut Pro】ワイプを表示する方法

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5