Final Cut Pro

【Final cut pro】「画像」を動かす方法(拡大/縮小・上下/左右)(キーフレーム)

再生中に、画像を徐々に動かす方法が知りたい!

本記事は、「画像」を動かす方法を2つ紹介!

1つ目は、すごく簡単。2つ目は、複雑な動かし方もできる「キーフレーム」を使った操作。使いこなせたらおしゃれな動画作成ができること間違いなし!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】おしゃれな「白枠」をつける方法【Final cut pro】「MP4ファイル」で書き出す方法

「クロップ」→「Ken Burns」で「開始と終了」を決める

動かしたい画像をクリック。中央左下に表示されている、四角のマークの右の矢印をクリック。

「変形」「クロップ」「歪み」のうち、「クロップ」を選択。

さらに、中央の表示画面の下を、「Ken Burns」に選択!これで準備OK!

「開始」と「終了」が表示されますが、「画像再生時間における開始地点と終了地点」のこと。

再生時間が「5秒」なら、5秒かけて「一定のスピード」で画像が移動しますよ!

スポンサーリンク

「キーフレーム」を使って

1 「始点」にカーソルを合わせ、変更したいエフェクトの「キーフレーム」をクリックする!

「位置」を変えたければ「位置」の「キーフレーム」を、「回転」させたければ「回転」の「キーフレーム」をチェック。

ひし型が「黄色」になっていたらOK!

2 「終点」にカーソルを合わせ、さっきと同じ「キーフレーム」にチェック!

ここでいう「終点」は、動画の終わり部分でもいいし、動画の途中まででもOK!

「この部分まで動かしたいなぁ」ってとこにカーソルを置きましょう。

3 「終点」部分の、動画の形を決める!

さっきチェックした「キーフレーム」の、数値を調整しましょう!

ここで設定した位置に向かって、一定速度で画面が移動することになります!

これで設定完了!再生してみて確認するだけ。結構シンプルでしょう。

「キーフレーム」を使いこなせたら、いろんな「動き」が可能!

今回は、一つの動画の始まりを「始点」、終わりを「終点」としました。

が、動画の途中を「終点」にして、またすぐ「始点」を作って、また途中を「終点」にしたりすると、本当にいろんな、複雑な動きをすることができます!

回転しながらフェードインとか、「クロップ」を使えば、徐々に画面が表示されるようにだって、色々工夫が可能!

慣れてきたら、「キーフレーム」をいじくってみましょう!

動画編集に慣れてきたら、【ココナラ】に無料登録をして、身につけた編集スキルを活かそう! また、動画編集でのお小遣い稼ぎなら【クラウドワークス】。字幕作成から稼げます。
【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】おしゃれな「白枠」をつける方法【Final cut pro】「MP4ファイル」で書き出す方法

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5