Final Cut Pro

【Final cut pro】「カット」のスピードを爆上げする方法(「command +B」じゃ遅すぎる)

「Final cut pro」の操作慣れてきたかr、もっと早くできるようになりたい!

「Final cut pro」の編集作業を、もっと早くする方法があります!

特に今回は、編集でよく使う「カット」と、カットして出てきた不要な部分の「削除」を早くする方法について、本記事では紹介していきます!

これを読めばもう「command + B」とは、おさらばですよ!笑

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】おしゃれな「白枠」をつける方法【Final cut pro】「MP4ファイル」で書き出す方法

「カット」のスピードを上げる手順

1 「Final cut pro」→「コマンド」→「カスタマイズ」

まず、左上の「Final cut pro」から、「コマンド」→「カスタマイズ」をクリック!

2 「コマンドエディタ」を自分好みのアレンジ!

左上は「デフォルト」という表示になっていると思います。

その状態で、右上の検索ボタンから「ブレード」と検索。すると、ブレードに関するコマンドが真ん中に表示されます!

すると、ほら、「command + B」が「ブレード」になってますよね。

ただ、このボタンを2個押すのだって、時間の無駄です。

もっと押しやすい位置に!しかもボタン一個がいい!!

そうしましょう!

私は「X」を「ブレード」しているので、今回の画像でも、操作の紹介として「X」にドラッグしています。

自分が押しやすいところ、カットしやすい「キー」でOK!

3 自分だけのコマンドを作成

ドラッグすると、上の画面のような表示が出てくるので、「コピーを作成」で、自分だけの「コマンドエディタ」に名前をつけます。

私は「時短コマンド」としています。

4 新しいコマンドが追加されたことを確認

左上の表記が「デフォルト」から、「時短コマンド」に変更されています。(いつでもデフォルトに戻せます)

さらに「ブレード」のコマンドに、「X」も追加されました。これで「X」を押すだけで、動画のカットができます!

5 「削除」を隣の「キー」にすると楽

カットして不要になった動画を「削除」するキーも隣にしておくとすごく楽。自分の場合は「Z」を「削除」にしています。

右手でトラックパッド操作、左手でキーの操作がしやすいので、左手付近に「時短コマンド」を集中させるようにしてま!

スポンサーリンク

自分だけのコマンドを作り上げよう!

こんな感じで、いくらでも自分好みの編集キーボードを作り上げることができます!

一番使う操作だからこそできるだけ無駄を省いて、シンプルにする。

「カット」のボタンを変えるだけでもかなりの時短になりますよ!!

動画編集に慣れてきたら、【ココナラ】に無料登録をして、身につけた編集スキルを活かそう! また、動画編集でのお小遣い稼ぎなら【クラウドワークス】。字幕作成から稼げます。
【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】おしゃれな「白枠」をつける方法【Final cut pro】「MP4ファイル」で書き出す方法

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5