Final Cut Pro

【Final cut pro】字幕の後ろに、「薄い黒帯」を入れる方法

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

字幕をもっと読みやすくしたい!!

動画編集で、「字幕」の挿入は大切!

下の画像を見ると、見やすさは全然違いますよね。

この違いは、字幕の下の「薄い黒帯」があるかないかの違い。

たった、これだけで動画の見やすさがぐんっとアップ!本記事では、この「薄い黒帯」の付け方をお伝えします!

おしゃれな「白枠」をつける方法

おしゃれな映像によくある「白枠」。これをつけるだけで、グッと映像がひきしまりますよ!「白枠をつける方法」については下にまとめています!参考にしてくださいね↓

字幕の後ろに、「薄い黒帯」を入れる方法

1 「タイトル」→「ジェネレータ」→「シェイプ」

「タイトル」→「ジェネレータ」→「シェイプ」の順に選択して、「シェイプ」を、下の編集の枠に入れよう!

2 「パラメータ」→「Shape」「Fill」「Outline」の編集!

右上の「パラメータ」(数字が書いてあるやつ)をクリック!

たくさんの英語の言葉は表示されますが、慌てず笑

変更すべきは、3つだけ!!上の画像のようにすればOKですが、詳しく説明すると。。。

操作の仕方

  • 【Shape】(図の形)→「Square」(四角)に変更
  • 【Fill】(図の塗りつぶし)→「あり」(チェックをつける)&色は「黒」系
  • 【Outline】(枠線)→「なし」(チェックを外す)

これで、上の画像のような、真っ黒な四角が完成!

この四角の形を整えていきましょう。

3 「隣の編集ボタン」→「不透明度」→「調整」→「位置」の編集!

右上の「編集」ボタンをクリック!

帯の調整

  1. 「不透明度」の調整:後ろの動画が透けて見えるように!
  2. 「調整」:黒帯を、横に細長い長方形に!
  3. 「位置」:字幕が帯の真ん中に来るように!(下は空けても空けなくてもよし!)

この順番で編集するとスムーズ!

4 完成動画の確認!

完成動画で、もう一度、字幕の位置や、黒帯の「透明度」をチェック!

背景の動画の色によって、見えにくくなったりする場合もあるので、確認しておきましょう!

スポンサーリンク

終わりに

今回は字幕の後ろにつける薄い黒い幕の付け方を紹介!

別に「真っ黒」のままでもOK!「ローランドのチャンネル」は真っ黒ですからね!

  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-Final Cut Pro
-,

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5