【ノマドビザ】「海外滞在」&「リモートワーク」ができる17ヵ国を紹介!(費用・期間)

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

「ノマドワーク」が注目を浴びるようになってきました!

そんな中、その国に滞在しながらリモートワークができる「ノマドビザ」(国によって呼び方やサービス内容は違う)を認めている国が、多数あります。

本記事では、そんな「ノマドワーク」が可能な17ヵ国を紹介!

【「海外」に関するおすすめの記事】
・【海外旅行必須アプリ9選】3倍楽しい旅行にするための秘訣!(言葉/地図/通貨/食事もこれで安心!)【映画「キングダム」の撮影地】「象山影視城」の世界観がすごかった。広大な敷地!(感想)

「ノマドワーク」ができる17ヵ国!

1 ドバイ(UAE)

発行ビザワンイヤー バーチャルワーキングプログラム
期間1年間
収入月5000ドル以上
申請費287ドル

アラブ首長国連邦の都市「ドバイ」。

ドバイには最先端高層ビルや、大型ショッピングセンター、娯楽施設などが立ち並んでおり、生活に困ることはなさそう。

人工島も多数あり、まさにリゾート地でワーキングを楽しめます。

ただし、UAE(アラブ首長国連邦)以外での勤務が必要。

2 ポルトガル

発行ビザテンポラリーレジデンス(一時滞在ビザ)
期間希望する期間

ヨーロッパの西端に位置する「ポルトガル」。

日本人に合う食文化に加え、美しいビーチも併せ持っています。

ただし、このビザの条件の一つに「自分のスキルがポルトガルで必要とされる」ことが挙げられており、何かしらの技術が必要です。

ポルトガルでフリーランサーとしての登録も必要となるので、生かせるスキルを持っておかないといけません。

3 スペイン

発行ビザセルフエンプロイメントワークビザ(自営業向けビザ)
期間1年間

ヨーロッパの西端、ポルトガルと隣接する国「スペイン」。

食・芸術・歴史など、魅力的な要素をたくさん持った国。特にサグラダ・ファミリアをはじめとする奇想天外な建築物が有名。

「自営業向けの就労ビザ」なので、雇用されていなくても利用することができます。

4 ドイツ

発行ビザフリーランスビザ
期間3ヶ月
申請費60ユーロ(55ドル)

ヨーロッパ北西部に位置する「ドイツ」。

昔ながらの街並みに加え、周囲は広大に自然に囲まれ、また、芸術の街としても有名ですね。

十分に生きていけるという「給与証明」や、「前雇用者からの推薦書」が必要となります。

5 チェコ共和国

発行ビザジブノビザ/ロングタームビジネスビザ(居住/長期間ビザ)
期間90日〜1年(大使館・領事館で確認)

中央ヨーロッパに位置し、オーストリア、ドイツ、ポーランドに囲まれた陸の国「チェコ共和国」。

中世の街並みがそのまま残されており、ゴシック様式、ルネサンス様式、バロック様式の建物が現在も利用されている。

「給与証明」や「居住地確保」をする必要があります。

6 メキシコ

発行ビザテンポラリーレジデントビザ(一時滞在ビザ)
期間4年間
収入月収1620ドル以上
口座2万7000ドル以上

アメリカ合衆国と中央アメリカの中間地点に位置。

ジャングルにビーチ、山脈、砂漠など、さまざまな景色をもった国です。首都メキシコシティには、ショッピング街やレストラン、美術館・博物館など、飽きることはなさそう。

このビザでは、メキシコ国内での勤務はできません。

7 クロアチア

発行ビザクロアチアデジタルノマドビザ
残高28.800クーナ(約49万円)
申請費350クーナ(約6000円)

東ヨーロッパにある「クロアチア」は、約1000もの島々を抱えた国。

長く美しい海岸を備え、ゴシック洋式、ルネサンス様式の建物を備えた歴史情緒あふれる街並み。

他の国よりも滞在費が安く抑えられるのが魅力ですね。

8 モーリシャス

発行ビザプレミアム・トラベル・ビザ
期間1年間

インド洋に浮かぶ島国「モーリシャス」。

珊瑚礁やビーチ、熱帯雨林にハイキングトレイルなど、自然豊かな島に多くの生物も生息しています。

自営業、もしくはモーリシャス以外への勤務が条件で、収入の安定が求められています。

9 コスタリカ

発行ビザデジタルノマド就労ビザ
期間1年〜1年半
収入5000ドル以上

中央アメリカに位置し、熱帯雨林や火山などに囲まれた国「コスタリカ」。

国土の4分の1がジャングルで、多様な生物が生息しています。

2020年に整備されたばかりの新しいビザ。これから利用者は増えてくるでしょう。

10 ケイマン諸島

発行ビザグローバル・シチズン・コンシェルズ・プログラム
期間2年間
収入(1人)
  (カップル)
  (家族)
100000ドル
150000ドル
180000ドル
申請費1469ドル

アメリカ合衆国の南、中央アメリカの東の海に浮かぶ島「ケイマン諸島」。アメリカに位置するが、イギリスの領土。

ダイビングやシュノーケリング、さらに深海魚釣りなどのアクティビティが盛ん。

ケイマン諸島以外の会社の勤めている必要があります。

11 タイ

発行ビザ特別観光ビザ(STV)
期間最大270日
残高500000バーツ(約1735000万円)
申請費90日で2000バーツ(約7000円)

ビーチ、王宮、仏像、寺院などが華やかに飾られた国「タイ」。

中心部は大型のショッピングセンターも立ち並んでいます。

現在この「STV」での入国の場合は、14日間の隔離が必要。コロナ検査を含む15日間のパッケージ(ホテル、空港送迎、食事)などもある。

12 アンティグア・バーブータ

発行ビザノマド・デジタル・レジスタンス・プログラム
期間最大2年間
収入年収5万ドル以上
申請費(1人)
   (カップル)
   (3人以上)
1500ドル
2000ドル
3000ドル

アンティグア・バーブータは、南アメリカ北部に浮かぶ島々。

大西洋とカリブ海が混じる場所に位置し、珊瑚礁のビーチや砂漠、熱帯雨林などで知られています。

13 アルバ

発行ビザワン・ハッピーワーケーション
期間90日間

アルバは、南アメリカ北部に浮かぶ小さな島。

オランダ領であり、島内はカラフルな建物、周囲は美しいビーチが広がっています。

また現地の公用語であるパピアメント語だけでなく、英語、オランダ語やスペイン語も話されています。

アルバ以外での企業に雇用されているか、自営業を営んでいる必要があります。

14 バルバドス

発行ビザバルバドス・ウェルカム・スタンプ
期間1年間
申請費(1人)
   (家族)
2000ドル
3000ドル

南アメリカ北部に位置する島国「バルバドス」。

島全体が珊瑚礁でできており、色彩豊かな小さな島。

リトルイングランドとも呼ばれるほど、イギリスとの関係が深く、イギリス文化が根付いている国でもある。

バルバドスでは、他の国とは違い、現地での勤務が認められています。

15 エストニア

発行ビザデジタル・ノマド・ビザ
期間1年間
収入3504ユーロ以上(約43万)
申請費94〜117ドル

北ヨーロッパ、フィンランドやスウェーデンに隣接する海に面した国。東側はロシアと接する。

このノマド用のビザは、EU内で初めて発行。

北欧らしい雰囲気と、美しい海を眺めながらのの仕事、捗りそうですね。

16 バミューダ

発行ビザワンイヤーレジデンシーサーティフィケイトポリシー(1年居住者認定ポリシー)
期間1年間
申請費263ドル

アメリカ合衆国の東側、北大西洋にポツンと浮かぶ島国「バミューダ」。

ピンク色の砂浜が有名ですが、イギリス領であり、イギリス文化とアメリカ文化が融合したリゾート地となっています。

居住人口を増やし、経済活動を活発化させることを目的に、この新たなビザが発行。

18歳以上から申請が可能で、十分な収入源も求められています。

17 ジョージア

発行ビザリモートフロムジョージア
期間半年〜
収入月収2000ドル以上

アジアとヨーロッパの境目、黒海に面した国「ジョージア」。

黒海のビーチ、ワインの生産、洞窟修道院など、歴史色豊かな建造物も多い国です。

今現在ジョージアへのこのビザでの入国は、「自費による12日間の隔離」が必要。さらに、ジョージアへの税金の支払い義務も生じます。

スポンサーリンク

終わりに

かなりたくさんの国で「ノマドワーク」ができるみたいです。しかもこれから増えていきそうでもありますね。

安定した収入を得て、こういった島国で自分のペースで働くのって夢がありますね!

【「海外」に関するおすすめの記事】
【海外旅行必須アプリ9選】3倍楽しい旅行にするための秘訣!(言葉/地図/通貨/食事もこれで安心!)
【映画「キングダム」の撮影地】「象山影視城」の世界観がすごかった。広大な敷地!(感想)
  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5