Final Cut Pro

【Final cut pro】複数の「エフェクト」を重ねて、オリジナル・おしゃれな映像を作る方法(上級者向け)

エフェクトって重ねることができるの!?

できます。意外と盲点だったり、そこまでこだわる人も少ないので、これを使いこなせるようになったら、オリジナリティのある動画を作ることができますよ!

ただ、別にここまでしなくても、ハイクオリティの動画は作れるので、「上級者向け」として、紹介しますね。

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】 まず最初に覚えたい「超基本操作」(とりあえずこれができれば大丈夫!)【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!

複数の「エフェクト」を重ねて、おしゃれな映像を作る方法

今回は、わかりやすく紹介するため、3つのエフェクトを順番に重ねていきます。

もっとたくさんのエフェクトを重ねて使うことも可能ですよ!

ただ順番に重ねていくだけです!

1 エフェクト1「50年代のテレビ」

まず一つ目のエフェクト。「50年代のテレビ」を追加してみました。

追加したい動画にドラッグするだけ

2 エフェクト2「ウォーターパネル」

続いて二つ目「ウォーターパネル」というエフェクトを追加。

白黒っぽい動画の上に「水滴」が追加されました。

3 エフェクト3「ビネット」

3つ目に「ビネット」。動画の四隅が黒くなり、幻想的な雰囲気をさらに追加。

これで3つの「エフェクト」を同時に使用することができました。

今回は3つまでですが、さらに追加することもできますよ!

さあ、こんなふうに、「エフェクトを重ねる」だけでも十分「おしゃれ」な動画を作ることができます!

が、「上級者向け」なので、ここからが本番ですね。さらにアレンジしていきましょう。

4 それぞれの「エフェクト」の強さを調整

右上には、それぞれの「エフェクト」の詳細設定ができる画面が表示されています。ここで、それぞれのエフェクトを微調整することで、さらにオリジナリティのある動画に仕上がります。

上の画像では、例えば「50年代のテレビ」の強さをすこーし下げて、色味がでるように。明るさも調整しました。

こんな風に、「微調整」をし、「自分の思い通りの映像を再現」できるようになります!これが「上級者」の技。

5 ✅をはずせば「削除」できる

エフェクト入れてみたけど、やっぱりいらないなあ!

たくさんのエフェクトを追加したは良いものの、不要なエフェクトが出てくる場合もあります。

そんな時は、「削除したいエフェクト」の左にある✅を外しましょう。これでそのエフェクトの効果は無くなります。

もし、エフェクトを全部削除したい!ってなった時は、その上の「エフェクト」の✅を外すとOK!

スポンサーリンク

終わりに

今回は「上級者向け」として、複数のエフェクトを重ねて、さらに微調整を重ねる方法をお伝えしました。

こうしてみると、本当に編集の幅は無限大ですね。自分の色を出してオリジナリティを高めていくのも良いかもしれません。

技術が高まってきたら【クラウドワークス】でお小遣い稼ぎを。字幕作成から稼げます。 さらに、【ココナラ】に無料登録をして、身につけた編集スキルを販売しましょう!
【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
【Final cut pro】 まず最初に覚えたい「超基本操作」(とりあえずこれができれば大丈夫!)
【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5