Final Cut Pro

【Final cut pro】データを「保存」/「削除」する方法(データの保管場所)

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

「Final cut pro」で、データを「保存」/「削除」するにはどうしたらいいの?

「Final cut pro」を始めたはいいけど、データの「保存」とか「削除」などの管理がわかりにくい!

そんな方のために、データの「保存」と「削除」の方法についてまとめました!

データの管理ができると、動作が遅くなったりする可能性を減らすことができますよ!

こちらもおすすめ

動画の出力ファイル形式はどれがおすすめか、それぞれ比較して紹介しています!容量を少なく出力すれば、データを圧迫せずにすみますよ!

「おすすめの動画の出力ファイル」についてはこちら↓を参考にしてください!

編集したデータを「保存」する方法

まずは「保存」する方法から。

といっても、何も操作する必要はなし!

「Final cut pro」では、「保存」はありません

保存ボタンを押さなくでも、「自動で保存」する仕組みになっています。

なので、編集途中で、「×」を押しても、そこまでの編集状態が保存されていますよ!

データはどこに保存されてるの?

PC内の「ムービー」の中に保存されています。

「Finder」をクリックし、右上の検索ボタンで「Final cut pro」と検索するとすぐに出てきますよ!

スポンサーリンク

編集したデータを「削除」する方法

続いてデータを「削除」する方法。

「プロジェクト」「イベント」「ライブラリ」それぞれ削除方法が異なるので、一つずつ説明します。

1 「プロジェクト」を削除する

「プロジェクト」の削除は簡単!

「Final cut pro」の編集画面から、削除したい「プロジェクト」を選択

そして「ファイル」→「ゴミ箱に入れる」この操作で、「プロジェクト」の削除は完了!

「ライブラリ」と「イベント」はそのまま残っています。

2 「イベント」を削除する

「イベント」の削除も「Final cut pro」の編集画面から行えます!

左にある「イベント」を選択→「ファイル」→「イベントをゴミ箱に入れる」

これで「イベント」の削除の操作は完了!

⚠️ただし、「イベント」の削除ができるのは、「ライブラリ」のなかに、複数の「イベント」がある時だけ。

つまり、「ライブラリ」の中に、「イベント」が一つしか入っていない場合は、「削除」することができません。

その場合は、「ライブラリ」ごと削除をしましょう!

「ライブラリ」を削除する方法は次に!

3 「ライブラリ」を削除する

「ライブラリ」の削除だけは、方法が異なり、「Final cut pro」の編集画面からは行えません。

「ライブラリ」の保管場所は、PC本体。

「Finder」→「ムービー」の中にあります!紫色の星がついたマークが「ライブラリ」です。

これをそのままゴミ箱に入れれば、「削除」完了!

この後、「Final cut pro」の編集画面を見ると、ライブラリごと削除されているのがわかります

終わりに

今回は、「Final cut pro」における、データの「保存」と「削除」の仕組みと方法を簡単に解説しました。

あまりにデータが溜まりすぎると、動作が遅くなる原因にもなるので、適宜データを管理したいですね!

  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-Final Cut Pro
-,

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5