Final Cut Pro

【Final cut pro】雑音(ノイズ)を取り除く方法/クリック一つで簡単にできる!

うわー、ちょっと動画の音の中に雑音入ってるなあ。。

風の音ざったり、布が擦れる音だったり、ちょっとノイズが動画に入ってしまった場合「Final cut pro」では、編集の際に、「ノイズ除去」をすることとが可能です。しかもワンクリックで。

本記事では、「Final cut pro」で、「ノイズを除去する方法」についてまとめていきます!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!【Final cut pro】動画の出力(書き出し)のファイル形式はどれがいいの?(比較とおすすめ)

雑音(ノイズ)を取り除く手順

1 ノイズを除去したい動画(音声)を選択する

ノイズが入ってしまった動画を「選択」しましょう。

2 「音声編集」→「ノイズ除去」をクリック

編集したい動画を選択した状態で、右上の「音声編集」のアイコンをクリック

その下に表示された画面を、少し下の方にスクロールしていくと、「ノイズ除去」の文字があります。ここにチェックをつけましょう。

その下に「量」という項目もあります。数値を上げることで、「ノイズを除去する「量」」を増やすことが可能。聴きながら調節するといいですね。

3 一部分だけ「除去」したいなら「カット」して!

動画の一部分だけノイズが入ってる!そんな場合は、そこだけ「カット」しましょう。「Command + B」で動画に切れ目を入れることができますよ。

ちなみに「動画を早くカットする方法」については、こちら「【Final cut pro】「カット」のスピードを爆上げする方法(「command +B」じゃ遅すぎる)」にまとめてますので、参考にしてください。

切れ目の入った動画だけを選択して、先ほどと同じ手順を踏めば、その部分だけの「ノイズ除去」が可能です。

【注意】
「Final cut pro」で、ある程度の「ノイズ除去」は可能ですが、音声編集に特化しているわけではありません。できるだけ、撮影の際に、雑音が入らないような工夫をしておくことがおすすめです!
スポンサーリンク

終わりに

今回は、「Final cut pro」における「ノイズ除去」の方法について紹介しました!

一つの編集ソフトで、全てをこなすことができるのでかなり便利ですね。

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!
【Final cut pro】動画の出力(書き出し)のファイル形式はどれがいいの?(比較とおすすめ)

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5