Final Cut Pro

【Final cut pro】「Ken burns」の使い方(画像の移動と縮小拡大に便利!)

「Ken burns」って出てきたけど、これどうやって使うの?

本記事では、「Final cut pro」における、「Ken burns」の使い方についてまとめています!

主に「画像」を動かすのに役立つ操作ですよ!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
・【Final Cut Pro】画面の「拡大」「縮小」する方法【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!

「Ken burns」の使い方

「Ken burns」とは、「クロップ」の中にある操作の一つ。

  • 「画像」を拡大縮小したり、上下左右に動かす
  • 「字幕」「テロップ」を拡大縮小したり、上下左右に動かす

主に、この2つの操作をしたい時に役立つ操作方法です!

今回は、「画像」を動かすやり方を中心に、説明していきますね。

1 画像の上下・左右移動

「クロップ」→「Ken burns」をクリックすると、上の画像のような、「緑の四角(開始)」と「赤の四角(終了)」が登場します。

これは、このクリップを再生する時、「開始」の位置から、「終了」の位置に向けて、「一定のスピード」で動きながら再生されるということ。

上の画像のようにすれば、初めは2人の子供の顔がアップされた状態から、徐々に下に動いていく動きになりますね!

右上の「完了」をクリックするとOK!

2 画像の拡大/縮小

同じような要領で、画像を拡大/縮小再生することも可能。

上のように配置すると、少しずつ2人の子供の顔がアップされていく動きにすることができます。

右上の「完了」をクリックすればOK!

ボタンひとつで「開始」と「終了」を反対に!

左上の「矢印」のボタンをクリックすると、「開始」と「終了」の位置を反対にすることができます!

ちなみにその右にあるボタンは、「プレビュー再生」が可能なので、効率よく編集作業をしましょう。

同じやり方で、文字の拡大縮小も行えますよ!

スポンサーリンク

「字幕」も一緒に動いちゃう!時の原因と対処法

あれ、画像の拡大と一緒に、「字幕」も拡大しちゃうんだけど・・・。

「Ken burn」でよく起こる現象がこれ、「画像の拡大/縮小」に合わせて、先に挿入していた「字幕も拡大/縮小」してしまうこと。

これが起こってしまう「原因」は、「画像の指定ができていないこと。」

下の画像のように、「動かしたい画像」に「黄色い枠」が付いた状態で、「Ken burns」の操作をする必要があります。

この「黄色い枠」が付いてない状態で「Ken burns」を行うと、赤いカーソルが触れているすべてのクリップに「Ken burns」の操作が反映され、結果として、字幕も動いてしまうというわけです。

もし「字幕」も一緒に動いてしまって、それを直したい!というときには、次の下の操作で解決してみてください。

【対処法】
・黄色い枠を確認して、「Ken burns」の操作をし直す。
・(それでもうまくいかない時は)画像に「Ken burns」を行った後に、「字幕」を挿入する。

もっと複雑に動かしたいなら「キーフレーム」

「Ken burns」では、いわゆる「シンプル」な移動、一定方向への一定時間での移動が可能です。

「もっと複雑に動かしてみたい!」

そんな時には「キーフレーム」という操作があります。これを使いこなすと、いくらでも複雑な動きが可能となるので、気になる方は、こちら「【Final cut pro】「画像」を動かす方法(拡大/縮小・上下/左右)(キーフレーム)」に記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

終わりに

今回は、「Ken burns」の操作方法についてまとめました。

画像だけだと動きがなくて飽きやすいですが、少しでも移動させると、動画全体が面白くなりますね。

身につけた動画編集のスキルを生かして、稼ぐこともできます。詳しくはこちら「【動画編集でお小遣い稼ぎ】動画編集で稼げるクラウドソーシング(「カット」「字幕作成」で稼げる⁉︎)」の記事を参考にしてください!

【「Final cut pro」に関するおすすめの記事】
【Final Cut Pro】画面の「拡大」「縮小」する方法
【Final cut pro】「書き出し」が遅い時の解決方法3選!

-Final Cut Pro

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5