ホテル暮らし

【ホテル暮らし】「住民票問題」を解決する3つの方法!

ホテル暮らしの人って住民票どうしてるの?

その疑問に答えていきます。

私は、福岡のホテルで2人暮らし中。「Hotels .com」というサービスを使って、転々としています。

ホテル暮らしでネックな「住民票問題」。確かに少し面倒だけど、下に紹介する方法のどれかで、解決できますよ!

ホテル暮らしの「住民票問題」の解決する3つの方法!

基本的にホテルに住民票は置けません。が、長期滞在する旨を伝えれば、置かせてくれるところもあるらしいです。役所の方が確認する場合もあるそうなので、無断でホテルに置かないようにしましょう。

ホテル暮らしをしている人は、基本的に次の3つの方法のどれかをとっていますよ。

  1. 実家に置く
  2. 兄弟、親戚の家に置く
  3. ホテルに住民票を置けるサービスを利用する

1 実家に置く

基本的に実家に置いておけば何の心配もないでしょう。一緒にホテル暮らしをしている彼女も、他県の実家に住民票を移しています。

1人暮らしの大学生が、よくとっている方法ですね。

注意点

コロナや税金に関する書類、選挙投票券などの書類は、全て実家に届くことになります。保管、郵送してもらう必要がありますね。県をまたぐと、自治体の動きが異なるのでややこしかったりもするので中です。

また、念の為、職場に確認を取っておくといいですよ!

2 兄弟、親戚の家に置く

ホテルの近くに、兄弟や親戚が住んでいるならそこでもOK

自分は、同じ市内に住む兄の家に住民票を置かせてもらって、定期的に必要書類を取りに行っています。

注意点

連絡をこまめに取れる関係が必要。いつのまにか引っ越しをしていたりしたらえらいこっちゃです。

また、職場に確認をとっておくと安心。

3 ホテルに住民票を置けるサービスを利用する

何かしらの事情で、

「実家にも親戚の家にも住民票が置けない!」

「職場に、現住所と住民票を合わせてと言われた!」(そんなことあるかな?)

そういう事情があるけど、やっぱホテル暮らしは捨てられない!!

そんな人は、住民票を置けるホテルを探す他ありませんね。

そこで、住民票をおけるホテルのサービスを提供しているのが「Unito」というサービス。「賃貸のサブスク」と言われています。

詳しくはこちら「【Unito(ユニット)】格安でホテルに住む/外泊の分だけ家賃が下がる」」の記事にまとめているので参考にしてください。

まだ、東京、神奈川、大阪、福岡あたりでしか展開していないサービスですが、今後拡大していくようなので、要チェックです。

【Unito】ホームページはこちら

スポンサーリンク

「住民票問題」(自分の家がない)のデメリット

ホテル暮らしを始めて、住民票を実家(兄の家)に置いて感じたデメリットは次の通り。

  • 勤務先に提出する書類で確認が必要(通勤手当など)
  • 免許証やマイナンバーカードの住所変更が必要
  • 自治体から届く重要書類が直接届かない

都道府県をまたいで、住所変更をするとなると、やっぱり結構面倒。

ただ、それ以外で一番時間が必要なのは、勤務先とのやりとり。ホテル暮らしの人が働く前例がないこともあって、通勤手当などの書類などの書く住所などは、一つ一つ確認が必要でした。

そこさえクリアできれば、あとは特に不便に感じることはなかったですよ。「こんなもんか」って感じ。

なんとかなります。というか「住民票問題」大したことないです。

それ以上に、「ホテル暮らし」によるメリットの方がかなり大きいですね!

終わりに

ホテル暮らしにつきまとう「住民票問題」。

正直大したことないです。紹介した3つの方法で対処できますよ!

-ホテル暮らし

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5