ホテル暮らし

【ホテル暮らし】メリット・デメリット/節約って本当?

ホテル暮らし興味あるけど、実際どうなの?

本記事では、ホテル暮らしの「メリット・デメリット」についてまとめています

プロフィール

福岡市内のホテルに2人暮らし。

「Hotels.com」というサービスを使って、月に1度ホテルを転々として、生活しています!

「ホテル暮らし」そのものに対する「メリット・デメリット」を紹介しますね!

「福岡のホテル暮らし」や「Hotels.com」については、こちらの記事を参考にしてください。↓

「ホテル暮らし」のメリット・デメリット

「ホテル暮らし」のデメリット

「ホテル暮らし」になかなか踏み切れない人が多いように、確かにデメリットはいくつかあります。

デメリットと、解決策があれば合わせてお伝えしますね!

1.住民票問題
2.都市部しかない
3.家のアレンジはできない

1 住民票問題

ぱっと思い浮かぶのが「住民票問題」

「住民票おけないよね?」

「住民票ないと社会人不便じゃない?」

たしかに「住民票問題」は、ちょっと面倒。基本的に、ホテルに住民票を置くことはできません。それによって

  • 税金や選挙券、コロナ関連の書類が届かない
  • 会社に提出する書類で、確認が必要(通勤手当など)

この辺はちょっと不便だし、面倒くさいところ。

でもこの「住民票問題」も次の3つの方法で基本的に解決できます。それは、

1.「実家」に置く
2.近くに住む「兄弟・親戚」の家に置く
3.住民票がおけるホテルサービスのサービスを利用する

ホテル暮らしをしている人のほとんどは、この3つのどれかを使っていると思いますよ!

詳しくはこちらの記事を参考に!↓

【ホテル暮らし】「住民票問題」を解決する3つの方法!

続きを見る

2 都市部しかない

日本中どこでもできるの?

「都市部だけ」しかできないというのが、現実です。

地方にあるホテルを借り続けて住む、というのもできますが、現実的じゃあない。なぜなら、費用がかかりすぎるから。

地方といっても、1泊3000円はかかる、1ヶ月で90000万円。ちょっときつい。(自分だけ?)

え、都市部の方が、高いんじゃないの?

都市部には、「ホテル暮らしがしやすいホテル」「ホテル暮らしができるプラン」が充実しているんです。

ちなみに、私の場合、福岡の博多駅周辺のホテルに、1ヶ月約60000円で生活できています。(ホテル代&光熱費&ネット代)

私の福岡でのホテル暮らしについてはこちら↓にまとめているので参考に!

【Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)】プレビュー画面の早送り再生方法!

続きを見る

都市部には、ホテル暮らしに特化したようなホテルが多数あるので、安く利用することができます。

3 家のアレンジはできない

新しい家具を買う、漫画を集める、壁にポスターを貼る。

こういう楽しみはできません。

現状復帰すればいいし、引っ越しをするときに全部持ち出せばいいんですが、さすがに大変すぎる。

ものが増えても困るので、物欲が強い人、DIY欲が強い人には向かないかもしれませんね。

でも、この「家のアレンジはできない」というデメリットは、「お金」で考えると、かなりのメリット。次を見てください!

「ホテル暮らし」のメリット

実は、「ホテル暮らし」をやってみて気付いたメリットがたくさんあるんです!特におすすめできるメリットを3つ紹介しますね!

1.節約(ホテル代に、ネット代・光熱費全て込み)
2.半ミニマリスト生活→生活の質がめちゃ向上
3.ホテルに住んでるという優越感

1 節約(ホテル代に、ネット代・光熱費全て込み)

え?ホテル暮らしって節約になるの??

意外となります。

理由は、ホテル代に「ネット代・光熱費」が全て含まれているから。さらに、「鍵交換代、敷金礼金」が必要ないから。

時期によって、多少変動がありますが、自分の場合は福岡市内(博多駅の近く・福岡空港の近く)で、1ヶ月60000円〜70000円。これ以上はかかりません。

私は、「Hotels.com」というサービスを利用していますが、ただ単に「お金」という点で見ても、意外とメリットがあるんですよ。

ちなみに、2人暮らし(ベッド2台付き)で60000円〜70000円なので、1人あたりは半分で済みます。

どうですか?ちょっと興味が湧いたでしょう?さらに興味が湧くメリットを伝えますね。

2 半ミニマリスト生活→生活の質がめちゃ向上

ホテル暮らしを始めるには、極力荷物を減らさないといけません。

私が使っている「Hotels.com」は、最大28日までの予約しかできないので、月に1度は引っ越しをします。(同ホテルの別の部屋への引っ越しがほとんど)

となると、荷物は超厳選

すると、「生きていく上で、本当に必要なものだけが手元に残る」ようになります。

いわゆる「ミニマリスト」のような生活になるわけです。

無駄な買い物をしなくなる
●常に部屋がスッキリした状態
●ものをなくす、探すことがなくなる

結果的に、こんな効果が現れ始めました。

荷物が増えると引越しのときに面倒、だから、物を買わなくなる(本当に必要なものだけ)、「節約」になる。

ものが少ないと、「あれどこ置いたっけ?」「やばい時間がないのに!」みたいなことも減るんです。

半ミニマリストのような生活に近づくと、洗練された生活になってる実感があります。

3 ホテルに住んでるという優越感

3つ目のメリットは「ホテルに住んでるという優越感」を得られるということ。

はい、それだけです。ただ、楽しいというだけ。

人生に一度くらいはやってほしい、それくらいおすすめです。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ!

●学生
●1人暮らしの社会人
●同棲中

これに当てはまる人で、かつ、ホテル暮らしに興味があるのであれば、即行動をおすすめします!

子供がいると、なかなか実践しにくいというのも事実。

身軽なうちに、そして「やりたい!」炎が消えないうちに、お住まいの地域のホテルを探してみてください!

終わりに

ホテル暮らしには、当然デメリットは生まれてきますが、それ以上にもたらしてくれる「メリット」の方がはるかに大きい。

もっと早くやっておけばよかった、と後悔するくらい。

ぜひ、興味がある方は!

-ホテル暮らし

© 2021 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5