🇦🇪ドバイ🇦🇪

【ドバイ観光】ドバイ旅を「お得」に過ごすポイント(節約術)

12月 3, 2021

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

「よし、ドバイにいこう!!」

これからドバイに来る予定の人、いつか行きたいなあと思っている人に向けて、

「ドバイ旅行/観光」を少しでも「お得🉐」に、というか、不要な出費を避ける方法をお伝えします。

無駄を避けて、お土産、観光に全力投球しましょう!

※僕は朝食付きのホステル(共同部屋)に滞在していました。これも節約の方法としてあげてます(外国の人と話したいので基本ホステル)が、苦手な人もいると思うので、これ以外のものを参考にしてくださいね。逆に、普通のホテルの値段とかサービスについてはよくわかりません、すみません。

ということで、あんまりお金がないけど旅はしたい人向けの内容です。

生活に必要なのは「衣・食・住」!

「衣」は家から持ってくるとして、節約できるのは「食」と「住」。

僕は「観光」がしたかったので、食事は1日「10AED(=300円)」くらいで済ませてました。地元の店ならそれで腹一杯。

少しでも「お得」に過ごす方法5選

お得に過ごす方法5選

  1. 「メトロ駅」近くの宿をとる(朝食付きなら最高)
  2. Nolカード(シルバー)を使う
  3. 水の大量購入
  4. こじんまりした地元の店で食事
  5. レートのいい両替所で両替

1 「メトロ駅」近くの宿をとる(朝食付きなら最高)

ドバイの中心部を横断する「赤い路線」と空港をぐるっと回る「緑の路線」

上の地図のように、ドバイでは「メトロ🚇」が中心部を横断していて、主要な観光スポットや空港にもこの「メトロ🚇」でいけるようになってます。

メトロ駅から離れてしまうと、「タクシー🚕」を使うしかないので、結局移動にお金がかかることに。(時間帯によるけど、混むことが多い)

「交通費」の節約のためには「メトロ付近」の宿をぜひ確保したいところですね。

僕が泊まった「ドバイユースホステル」は、「Studium駅」から徒歩5分、朝食付きのホステル(個室もある)でした。

詳しくまとめた記事があるので、気になる方はご覧ください↓

「ドバイ」バックパッカーおすすめ「ドバイユースホステル」(朝食付き)

はい! 今回はドバイに「バックパッカー」で行きたい!と、思ってる人向けに、おすすめのホステル「ドバイユースホステル」を紹介します! 正直バックパッカーでのドバイ滞在は、環境として「整っている」とは言え ...

続きを見る

2 Nolカード(シルバー)を使う

Nolカード(使い切りの「赤」とチャージ式の「シルバー」)

さらに「交通費」に関してもう一つ「節約術」。

ドバイで、「メトロ」「バス」「トラム(路面電車)」に乗るには、【Nol(ノル)カード】が必要です。

日本の電車の「切符」みたいなタイプの「赤いNolカード」が、基本的に「旅行客用」として販売されています。

が!!

実はこれが割高設定。

日本で言う「Suica」のようなチャージタイプの「シルバーのNolカード」を買った方が、同じ区間でも「安く」移動できます。

「シルバー」はカード発行に6AED(=約180円)、最初のチャージ料として19AED(=約570円)がかかります。

でも、その後は1回乗るごとに、「赤いNolカード」の料金マイナス「3AED」で乗れるんです。

つまり2回乗れば、カード代の6AEDは回収できる計算。

空港との往復で2回乗るよって人はこれは、意外と知られていないおすすめの節約方法ですよ!

もっと詳しくまとめているので、ぜひ参考に↓

【ドバイ観光】「Nolカード」シルバーカードがおすすめ(メトロ・トラム・バス全て乗れます)

はい! 今回は、ドバイ旅行を「お得💰」に過ごすための情報です! ドバイ観光を、快適にかつ節約しながらまわるには、「交通事情」を把握しておくことが大切です。(どれも日本よりは安いけど) 今回は、バスやメ ...

続きを見る

3 水の大量購入

ドバイは「水」がかなり安いです。

僕は1つのホステルに20日くらい滞在したので、「1.5Lの水の6本セット」を購入。

これで50AED(=約150円)

めちゃめちゃ安いです。

500mlで買うより大きいサイズで買った方が、お手頃だし、さらにまとめ買いしたらもっとお得、さらにさらに、ドバイ中心部から離れたところのスーパーはもっともっと安い。

水筒を持ってきておけば、水を水筒に入れて持ち歩けるので便利ですよ!

「えー水だけは嫌、、、」

実はカフェも安いところは安い、店選びが肝心なんです。

次の項目で紹介しますね。

4 こじんまりした地元の店で食事

「ドバイユースホステル」徒歩3分の食事どころ(ここは安い)

ドバイの外食は、それほど「安い」感じはしません

個人的には日本の「すき家」とかの方が安くて美味しいなって思います。

もし食費を節約したいなら、「地元民がやってるこじんまりした店」は安い。

「CHAI MAKANI」のメニュー

「CHAI MAKANI」のメニュー

僕がほぼ毎日通ったこの店は、3AED(=90円)〜12AED(=360円)くらい。

味も普通に美味しい。

英語も通じないくらいの人が働いてたりもするけど、安くて美味しい地元の店がありますよ。

基本的に「モール内」は高いです。日本より高いと思います。

ハンバーガーとポテト(10AED(=約300円)美味しい

カフェも地元の店なら安い

ドバイでは「ミニサイズ」のコーヒーやティーがよく飲まれる

このコーヒーは「2AED(=60円)」

これも上で紹介した地元の店で買ったコーヒー。

普通のカフェに行くと大体コーヒー1杯15AED(=450円)くらいします。

サイズは小さいけど、十分美味しい。

ちなみにこっちのコーヒーはめっちゃ甘いです☕️

5 レートのいい両替所で両替

空港の両替所

これはドバイに限らずですが、、、

「レート」は本当に両替所によって全然違います。

はっきり言って「空港」で両替するのはおすすめしません。

移動が必要なら、「Nolカード」のシルバーをクレジットカードで買えばすむ(メトロ移動の場合)

ホテル近くの両替所や、モール内で探した方がお得です。

「We buy」に注目

「WE BUY」ができるだけ低いところを探そう!

ドバイで「日本円」を「ディルハム」に買えたい時は、両替所に書かれている日本国旗の横の「We buy」に注目すればOK。

ここの数字が「小さい」ところで両替をしましょう。

「空港」とか「ドバイモールに行く通路」とかは、大体「0.030」とかって書いてある。

けど探していくと「0.026」「0.023」とかがあったりします。

いくつかの料金所を見て回って、一番数字が小さいところで買いましょう。全然手元に来るお金が違いますよ。

スポンサーリンク

終わりに

お得に過ごす方法5選

  1. 「メトロ駅」近くの宿をとる(朝食付きなら最高)
  2. Nolカード(シルバー)を使う
  3. 水の大量購入
  4. こじんまりした地元の店で食事
  5. レートのいい両替所で両替

ちょっとでも「節約」して、観光とかお土産に全力集中するための方法をまとめました!

ぜひ楽しいドバイ旅行を!!

  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-🇦🇪ドバイ🇦🇪
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5