【ハンガリー観光】世界一美しい「図書館」で勉強してみた!(Metropolitan Ervin Szabo Library)

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

ハンガリー、ブダペストにあると言われている「世界一美しい図書館:Metropolitan Ervin Szabo Library」に行って勉強(仕事)してきました! 実際には、図書館の一部が「お城のような空間」で、あとは普通でしたが、確かにめちゃめちゃゴージャスな空間が広がっていました。 図書館とは思えない笑 写真と共に紹介しますね! Youtube Shortにも簡単に紹介しているのでご覧ください。↓

ブダペストの世界一美しい図書館「Metropolitan Ervin Szabo Library」

メトロポリタン・エルヴィン・サボー図書館の本館は、19世紀に建てられたネオバロック様式のヴェンクハイム宮殿に収められている。 市立図書館は蔵書の増加に伴い、より広いスペースが必要になったため、宮殿を国定公園として修復しながら、追加の建物のネットワークに拡張していったのです。現在、図書館は13,000m²の広さを持ち、110万冊の蔵書を収容するブダペスト最大の公共図書館となっています。 Wikipediaより
「Metropolitan Ervin Szabo Library」は、「世界で一番美しい図書館」と言われています。 ある空間がまるで「お城」の中のようなんです! それがこちら↓

美しいルーム1

美しいルーム2

美しいルーム2

美しいルーム2

壁から屋根までおしゃれ!

どうですか? これ、普通の公共図書館の中の写真なんです! めちゃめちゃ綺麗でしょ! 白を基調としたエリアと、木目調のエリアと、いくつかこのような豪華なエリアがあります。 もちろん公共の図書館なので、自由に席をとって勉強しても仕事をしてもいいんです。 半個室みたいになっている空間もあるし、朝一番に行くくらいじゃないと結構すぐに席が埋まります。

全5Fのうちのほんの1フロアだけ

「世界一美しい図書館」と言われてますが、全フロアのうちのたった1フロア、しかもその中でも一部分だけの空間でした。 他のフロアは、日本と対して変わらないような感じです。

ここで勉強(仕事)してみました!

ということで、せっかく「世界一の図書館」にきたので、勉強しようじゃないか!! と、パソコンを開いてカタカタ・・・。 「・・・集中できない。。。」 周りがチカチカしすぎて、全然集中できない。。。 しかも、皆さんかなり音を立てないように気を使っていて、タイピング音ですら気になるんじゃない⁉︎ってくらい静か。 とりあえず1時間だけ作業して帰りました笑 「世界一の図書館」の空間を味わいながら勉強したい人は、一緒にやりましょう!笑
スポンサーリンク

入館には200フォリントで入館証の発行が必要

「Metropolitan Ervin Szabo Library」に入館するには、「入館証」が必要。 入り口のところで、発行できます。 価格はなんと200フォリント(約70円)。 これがあれば、いつでも図書館に入れるし、他の図書館も利用できますよ! 旅行で数日の滞在だとしても、200フォリントならありですよね!

併設カフェも広くてゆっくり!

カフェでのんびりもできる☕️結構広いですよ

デザートつけてまったりしました

1Fの入り口のところにあるカフェもおすすめ! かなり広くてゆっくりできます。 コーヒーもデザートも食事もできるので、合わせて楽しんでくださいね。
スポンサーリンク

「世界一美しい図書館」はどこにある?

中心部にあるので、バスでもメトロでも、アクセスはバッチリです! 周辺にご飯屋さんもたくさんありますよ。

図書館利用の際の注意

図書館利用の注意点

  • 行くなら開館と同時に!
  • コート(上着)はロッカーに!

行くなら開館と同時に!

「世界一美しい図書館」のその空間に行きたいのであれば、朝一番に行きましょう! 朝一番と言っても開館は10時です。 この綺麗な空間は真っ先に埋まっていきます。 たくさん人がいる中だと写真も撮りにくいし、音も立てられないので、あんまり満喫できないかもしれないので、早めにいきましょう!

コート(上着)はロッカーに!

冬に行く場合、コート(上着)の持ち込みは禁止されています(理由はわからない) 入り口を入って、ゲートを潜る前に、ロッカールームが左手にあるのでそこに預けましょう。 ロッカーの番号は忘れないように注意してくださいね⚠️ (ロッカー番号忘れて片っ端から開けていく羽目になりました)

終わりに

今回は「世界で一番美しい図書館」を紹介しました!! ハンガリーに来る(トランジットでも)予定がある方は、ぜひ、計画の1つに入れてくださいね!
  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-
-,

© 2022 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5