🇭🇺ハンガリー🇭🇺

【ハンガリー版なまはげ】モハーチの祭りに行ってきました!(行き方)

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

ハンガリーの南端に位置する町「モハーチ」では、「ハンガリー版なまはげ」とも言われるお祭りが毎年2月に、6日間だけ開催されるんです。

その名も「ブショーヤラシュ」。

「ブショー」というのが「なまはげ」みたいな感じで仮面をつけたものの名前。

「ヤラシュ」は「行進」という意味らしいです。

街全体がお祭りと化すこの催し物、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているこの催し物に、単身突入してきたので、その行き方と魅力を合わせて紹介します!

ブダペストからモハーチに行く3つの方法

  • ELBバス(ツアー)
  • VOLANバス(事前予約)
  • VOLANバス(その場支払い)

僕は3つ目のVOLANバス(その場支払い)で行ったので、その方法と、祭りの様子を紹介しますね!

VOLANバスのバスセンターから出発🚌

ブダペストのバスターミナル(Google Mapより)

バス情報

  • 費用:【行き】3705フォリント(1250円)、【帰り】4200フォリント(1400円)
  • 時間:2時間半

上の写真のところから出発!

バスセンター内は結構広く、売店みたいなのもあるし、カフェみたいなのも!☕️

自動販売機もありましたがそれはクレジットカードのみの支払いでした。

支払いは、バスの運転手に直接手渡しでOK!

乗車人数によるのかどうかはわかりませんが、行きと帰りで運賃が違っていました。

バス乗り場がいくつかあるので、地下のカウンターの人に場所を尋ねると安心です。

バスの出発時間は「ボランバス(VOLANbusz)」のホームページで、行き先を入力すると表示されますよ。また、ここから予約することも可能です!

ではではいよいよ出発!!🚌

コンセントもあって快適

バス内にUSBポートがありました!

Googleレビューは色々書いてあったけど、バスの中はUSBで充電できるようにもなっていました!(バスによって違うかも)

3時間近くノンストップで走り続けるので、トイレは事前に、そして飲み物も確保しておくといいですよ🥛

スポンサーリンク

モハーチ(mohacs)に到着!

モハーチのバスターミナル

ひたすら何もない1本道をすぎていくと、静かな昔ながらの建物が少しずつ見えてきました。

バス内からの景色で見応えのあるところはありません笑

バスターミナル近くにはマーケットに観覧車、ステージも

マーケットでホットワインやランゴシュなど色々!

 

ハンガリー名物だらけ

 

ステージでは常に音楽が響いています♪

 

吹きさらしの観覧車も🎡ちょっと怖い

バスターミナルから歩いてすぐのところにマーケットがある広場が見えてきます。

ここではハンガリー名物のご飯はもちろん、お腹を満たすことができます。

この「ブショーヤラシュ」は毎年2月の開催で結構というかかなり寒い🥶

ということで、ここで飲むホットワイン、ホットチョコレートはまた格別です!

ただ、2時3時すぎくらいになると、歩くのも大変なくらいの人混みになります😓

早めの昼食とかにするといいと思いますよ!ゆっくりご飯が食べれます。

街全体がお祭り

街全体を使ったお祭り

 

お面の位置微調整中のブショー

街全体を使った、結構大規模なお祭りです。

街全体がお祭りなので、この期間は通常の店は閉まっているところが多かったです。

食事処も半々っていうところでしょうか、なので屋台もたくさん出ていますが、お店は昼過ぎからはずっと行列でした。

一人旅で店の行列はきつい。。。

スマ留

ー街中をお面をつけたブショーたちが練り歩く

街を練り歩くブショー。映画のワンシーンのよう

 

女性は舞踏会のような仮面と黒い衣装

時間ごとにイベントがあり、そこでブショーたちが活躍しますが、こんな感じで普通に街中を歩いているブショーカップルもとても多いです。

「写真撮って!!」ってアピールすれば、基本的にみんな快く受け入れてくれている雰囲気でした!

メインの通りでは、お土産も買えるし、ご飯も食べれるし、、音楽の演奏もあるしで、なんだかんだ時間がすぎるのは早いですよ!

中央広場でブショーの行列

中央広場を丸々使ったパレード

 

たまに小麦粉を投げてきたり、持っている棒で突っついてきたり

 

独特な世界観がずっと続く。。。

 

本物の馬を連れて歩く集団も

今回の旅のメインイベント!

中央広場を丸々使ったブショーの行進👹

音を鳴らしながら、小麦粉を投げながら、約1時間歩き続けます。

馬を連れて歩く集団や、トラクターをコーティングして歩く集団など、結構迫力満点!

時間ごとにイベント

1日のイベントスケジュール

開催期間のイベントスケジュールは大体決まっています。

ほぼほぼ時間通りにスタートしていましたね。

上の中央広場でのパレードは、実は30分前くらいから場所取りをしました。それでも結構難しかった。。。

そのくらいしないとまっっっっったく見れないかもしれません。

事前にスケジュール把握して、早めに移動しておくのが吉。

スポンサーリンク

ランチ兼ディナーのハンバーガー

ランチ&ディナーの巨大ハンバーガー🍔味はそこそこ

メインイベント満足!!

ということで、最後にお腹を満たして帰ります。

到着した時から目をつけていた巨大ハンバーガー🍔

ごちそうさまでした!

日が暮れると巨大な焚き火

中央広場にある藁の山。日が暮れると火がつけられる🔥

中央広場にはこのような藁の山が置かれています。

日が暮れると火がつけられ、これがブショーヤラシュの醍醐味だよ!!とハンガリー人の友達に言われました。

ところが、僕はバスの時間の都合で見れず、、、。

夜の焚き火の様子

ということで見れた友達から拝借してきました!

結構迫力あるんだなー。

注意点⚠️

注意ポイント

  • ツアーではない場合、バスの時間の都合で夜の焚き火を見ることができない可能性が
  • 当日ホテルを取るのは難しい

ツアーではない日帰りバスの場合、最終バスの時間の都合上、焚き火を見ることはほぼほぼ不可能です。

一瞬見る、とかはできるかもしれないけど、結構厳しい。

「じゃあホテル取ろう!」

当日突然取るのはなかなか厳しいようです。

満室で泊まれなかったっていう声も聞いたので、もしいくなら、初めから泊まる覚悟でホテルを予約して行くか、焚き火を諦めるか、ツアーで行くか絞って行くといいですよ!

【ハンガリー観光】世界一美しい「図書館」で勉強してみた!(Metropolitan Ervin Szabo Library)

ハンガリー、ブダペストにあると言われている「世界一美しい図書館:Metropolitan Ervin Szabo Library」に行って勉強(仕事)してきました! 実際には、図書館の一部が「お城のよ ...

続きを見る

街中にある工房も探してみて!

街中に工房内を見学できる場所もあります!

「え、ここ?」

っていうくらい僻地というか、なんもない道路沿いにふと現れます。

SPARというスーパーの近くにあるので探してみてください!

下の写真の自転車が入り口です。

自転車が目印

お面の工房も見学できる

 

工房内、テンションあがる!!

いろんな表情のお面

スマ留

終わりに

ハンガリー版なまはげと言われている、お祭りを紹介しました!

ハンガリーは物価も安くと治安も良い方です。

もし、時間を確保してこれそうな時には検討してみてくださいね。

スマ留
  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-🇭🇺ハンガリー🇭🇺
-,

© 2022 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5