ホテル暮らし

「京都」におしゃれかつお手頃な生活拠点を!【unito】

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

賃貸のサブスクサービス「unito(ユニット)」。

京都府の物件数は2022年4月現在で約30件。

本サービスの中では、東京、神奈川に次いで多数の物件が掲載されています。

ということで今回は、古都京都で物件を探している方、一度は京都に住んでみたい!という方に、「京都unito」について紹介します!

「unito」とは簡単に言うと、「アパートやマンションの賃貸契約と、ホテル暮らしの中間のサービス」で、以下の特徴があります。

「unito」の概要

  • 敷金・礼金、水道・光熱費、退去費用「無料」
  • 住民票を移せる物件も
  • 外泊分だけ安くなる「リレント」機能
  • ホテルやアパートシェアハウスなどに住める

もっと詳しく知りたい方は下の記事を参考に↓

ドミトリー1ヶ月MAX3万円は全国最安

ドミトリーなら1ヶ月3万円〜

ドミトリーなら、1ヶ月まるまる利用してもなんとMAXで3万円の物件も発見。

これは全国的にみてもかなり格安。

さらに下で解説してますが、外泊の分だけ安くなる「リレント機能」を使えばさらに安く利用できる。

一人暮らし、スタートアップ、フリーランスの方に最適ではないでしょうか。

スポンサーリンク

1ヶ月5万円〜個室も

5万円〜個室生活も!


ホテル生活がかなりお得に

個室となれば、目安は1ヶ月5万円〜。

それでも上の物件を見てわかるように、値段の割に「駅近」

立地もよく、個室が利用できるのであれば僕は正直文句なしですね。

これぞ京都!「和」を感じる1軒屋

「和」空間広がる一軒家

「せっかく京都に住むなら、「京都」らしいところがいい!」

そんな人向け、「和」を感じることができる物件ももちろん掲載されていました。

木に畳、リラックスできること間違いなしですね。

スポンサーリンク

サウナ付きルームを発見!

なんと毎日「サウナ」入り放題物件も


サウナ付き大浴場なんて贅沢な。。

なんとなんと、サウナ付き物件も発見!

東京や神奈川にも似たような物件がありましたが、まだまだサウナ付きの物件なんてレア中のレア。

毎日サウナを利用できる、サウナ好きにはたまらない。

贅沢な暮らしもお手頃価格で(家具家電完備)

もちろん少し贅沢なくらいしができる物件も!

もちろん、家具家電が完備された少し贅沢な物件をチョイスすることも可能。

ネット代や光熱費、家具や家電代を考えてみると、意外とこっちの方がお得じゃん!って言う人もいるのではないでしょうか?

 

大人数でこんな暮らしをしてみたい

大人数で住めば割安??

大人数むけの物件も。

しかもこちらも「和」テイストで、庭園付き

数人で住めば、意外と手出しはこっちの方が少ない⁉︎かもしれない。

夢がある生活ですね。

週末だけこんなところで過ごすのもOK!

週末だけのセカンドルームとしても◯

「unito」のいいところは、何度も言うけど「外泊の分だけ安くなる」ところ

つまり1ヶ月まるまる住む必要はないんです。

「週末だけ使いたい!!」

「よく行く出張先の拠点が欲しい」

そんな使い方もできるんです。自分で契約するので、荷物を置いておくことももちろん可能

なので上の写真のような、かなり贅沢!!と思えるような物件も、「週末だけ」の利用にすれば、そんなに高くない。

柔軟性のある物件探しができるので、これまでの固定観念を取っ払って物件を探してみてはどうでしょうか。

滞在しない日分だけ安くなる仕組み(リレント機能)

出張・外泊で使わない日数分だけ安くなる「リレント機能」

「今月は5日間も出張がある。。。」

「年末年始は1週間くらい帰省しようかな」

「今月は有給取って旅行に行くぞ!」

そんな時に大活躍するめちゃありがたい機能が「リレント機能」

これがまさに「unito」の1番の醍醐味と言っても過言ではないでしょう。

リレントとは、居住者がお部屋に帰らない日に、お部屋を宿泊者に貸すことで、家賃を下げることができる仕組みです。独自の補償制度、自社開発した申請システムなどにより、徹底したプライバシー保護など、高い安全性を実現しています。

 

「unito(ユニット)」ホームページより

つまり、出張や帰省、外泊を伴う旅行など、家をあけた分だけ支払う家賃が少なくなる仕組みを持っているんです。

セカンドハウス・セカンドルームとしても

賃貸を契約するよりも安くて手軽に

出張が多い人はもちろん、週末の別荘代わりとしても、フリーランスの人など、低コストで自分の家を持てるような感覚になれるということです。

家は東京にあるけど、週末は横浜でゆっくりしたいなーとか、週1日2日の利用でももちろんOK。

終わりに

「京都に住みたいなぁ」

って夢を持っている人も多いのではないでしょうか。

かく言う僕もその一人。

一年間だけ!とか、そう言うのももちろんOKなので、ぜひホームページを見てみて、いい物件がないか探してみるといいですよ!

  • この記事を書いた人

Nachi

今はドバイ🇦🇪にいます🌎 ●元中学校教員(早期退職)→ブログで旅の情報発信中🛩 カフェトークでオンライン講師をやりつつ世界中を回ります Instagram・Twitterでもリアルタイムの旅の情報を発信してるのでぜひ!

-ホテル暮らし

© 2022 ーNachi雑誌ブログー Powered by AFFINGER5