🇸🇰スロバキア🇸🇰

【スロバキア🇸🇰ブラティスラヴァ】「青の教会」がめっちゃ青かった!

5月 19, 2022

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

今回は、「スロバキア」の首都、「ブラティスラヴァ」にある観光名所の1つ「青の教会」🛕を紹介!正式名称「The Blue Church」そのまんま!!

27歳の誕生日に、スロバキア弾丸一人旅を決行!

その時に訪れた「青の教会」が予想以上に綺麗

ということで「青の教会」情報をまとめました。

ちなみに「スロバキア弾丸一人旅」については、下の記事にまとめているので、そちらを参考にしてくださいね!

記事の内容

  • ブラティスラヴァ「青の教会」の基本情報
  • 観光する際の注意点⚠️
  • ブラティスラヴァ一番人気の教会は?

「青の教会」はこれ!!

まさに名前の通り!「The Blue Church」

どうですか?

思ったよりも「青」くないですか?

青というよりも水色に近いですが、結構鮮やかで美しい色!

なんかアニメの世界に出てきそうな建物ですよね笑

そこまで大きな教会ではないですが、この外観だけでも十分魅力的。

急に現れる青の建造物たち

ちなみに隣の建物も「青」。

街中に急に現れるこの教会ですが、その存在感は結構すごい😲

スポンサーリンク

中も「青が基調」で美しい

中まで青色ベース

「中はどうなってるの??」

ということで中を探ってみると、、、

「中も青い!!!!」

写真のように、中も青色が基調の美しい空間が広がっていました!

ヨーロッパに数多く点在する教会の中でも、これだけ青一色に染められた教会は珍しい。

「青の教会」とは

「青の教会」は、1908年から1913年にかけて建設。

高さ36.8メートルの円筒形の教会塔がシンボルとなり、正面と側面の入口は、ロマネスク様式の二重柱で囲まれている。

当初は淡いパステルカラーで塗られていたものの、その後、教会は特徴的な青色を持つようになり、ブラティスラヴァを象徴する建物の一つになった。

基本情報

一般公開時間:月〜土曜 6:30~7:30/17:30~19:00、日曜 7:30~12:00、17:30〜19:00  ※変更している可能性もあります。

公式サイト:https://modrykostol.fara.sk

 

スポンサーリンク

ブラティスラヴァで一番有名な教会は「St. Martin's Cathedral」(聖マルティン大聖堂)

聖マルティン大聖堂

ドナウ川から程近く、ブラティスラヴァ城の麓にそびえ立つ「St. Martin's Cathedral(聖マルティン大聖堂)」

これまたシンプルな外観をしていますが、中はかなり豪華!(※撮影禁止でした😭)

存在感がある建物なので、ブラティスラヴァに入れば自然と足が向かうはず。

ぜひその目で確認してみてくださいね!

ブラティスラヴァの教会巡りは、この「聖マルティン大聖堂」と「青の教会」で十分でしょう。

オープニングアワーに注意

 

 

ウィーンからバス移動が一番メジャーなルート

ウィーンやブダペストからバス移動🚌

スロバキア🇸🇰のブラティスラヴァを観光する一番メジャーなルートは、「オーストリア🇦🇹のウィーン」からのバス移動🚌

世界一首都どうしの距離が近い場所でもあるので、バスで1時間程度で簡単に移動できますよ!

また、僕はスロバキアの南にあるハンガリー🇭🇺ブダペストから、バスで3時間くらいかけてきました。

ブラティスラヴァの規模的にも日帰りは十分可能です。

バス移動が便利

ヨーロッパ内のバス移動は【Omio】 での検索・予約が便利。

すぐに時刻表や最安料金を提示してくれます。

終わりに

今回は、ブラティスラヴァ観光の1つ「青の教会」についての紹介!

異世界チックなこの教会をぜひ堪能してくださいね!

  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-🇸🇰スロバキア🇸🇰

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5