🇮🇹イタリア🇮🇹

【イタリア🇮🇹ナポリ】ヴェスヴィオ火山に登ってきた!(行き方・費用)

6月 13, 2022

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

ナポリを見てから死ね」(ナポリを見ずして死ぬことなかれ)

と言われているその理由は、このヴェスヴィオ山からの眺めが最高なのもその1つ。

と言うことで、イタリア🇮🇹のナポリにある「ヴェスヴィオ山」への行き方や値段・時間等をまとめました。

僕が使ったルートなので他にもあるかもしれませんが、ナポリ観光の参考にしてください😁

記事の内容

記事の内容

  • ヴェスヴィオ火山への行き方と値段
  • シャトルバスチケットの買い方
  • ヴェスヴィオ火山に登る前に(登山ハック)

ヴェスヴィオ山への行き方🌋

3つの行き方

  1. 麓から徒歩🚶‍♀️
  2. 途中までバス🚌→徒歩🚶‍♀️
  3. 途中までタクシ🚖ー→徒歩🚶‍♀️

基本的にはこの3つの手段のどれかを選択する形になると思います。

1943年の大噴火まではケーブルカーが運行していたので、それを使うこともできたみたいですが、復興される見通しも全くないそうなので自力で行くしかありません。

僕は2のバス🚌を使って行ったので、その行き方を紹介!

ちなみに麓から歩くと大体4時間、バスを使うと、バス30分、そこから徒歩1時間で登頂できます。

時間や費用を考えると、バスが一番便利だと思いますよ🚌

 

スポンサーリンク

Ercolano Scavi駅からバスで移動🚌

バスは「Ercolano Scavi駅」からシャトルバスが出ています。

ナポリセントラル駅から電車で20分くらいのところに、「Ercolano Scavi駅」があります🚇

この駅の周辺にあるチケットショップで「シャトルバス代」と「入山料」を合わせて購入できますよ!

チケットショップでチケット購入

チケットの購入場所

僕が利用したショップはこちら。

めちゃめちゃ愛想のいい女性2人が対応してくれました!😁ただ2人とも英語は全くのようで、数字をイタリア語でなんていうか、くらいを覚えておくとスムーズにいけますよ!

また、同じエリア内にもう一つチケットショップがありますが、どちらも費用は同じ。

そっちでチケットを買った人たちとバスも一緒だったので、ショップはどっちでもOK👍

全部で26ユーロ(約3700円)

内訳

  • バス代(往復)=15ユーロ(約2100円)
  • 入山料=10ユーロ(約1400円)
  • ナポリ市税=1ユーロ(約140円)

の合計26ユーロ(3700円)が必要です。

チケットショップでもらう紙が入山時に必要!

チケットショップでもらう紙がそのまま登山許可証

バスに乗る前にバーコードがついた紙をもらいます。

これが入山するためのバーコードになるので、無くさずに持っていきましょう。

バスに乗るときに貼られるシールも大事!

バスに乗るときに貼られるこのシールが、帰りのバスに乗れる合図⚠️

また、バスに乗る際に下の写真のようなシールを貼られました。

帰りにバスに乗るときに、このシールがバスを利用できる証のようなので、これも道中剥がれないように注意⚠️

バスで大体30分くらいで到着しますよ!

バスまで時間があれば水分と軽食を補充

事前に水は仕入れておこう!🚰

チケットショップの目の前にもあるし、ちょっと駅から坂道を下っていけばいろんな店が並んでます。

登山道中にも3箇所ほど、休憩場所があり、飲み物や食事、お土産を買うこともできますが、当然割高です。

道中で買うとなると、ペットボトルの水は1.5ユーロ。(駅周辺は0.5ユーロ)

バスに乗る前に、準備を整えておくといいですよ!😁

“「エポスカード」を忘れずに”

海外旅行には【エポスカード】(クレジットカード)が必須。

発行料・年会費「無料」で、旅行中の怪我や、道具の紛失・破損・盗難などの補償がついてくるクレジットカードです。

本当に「百利あって一害なし」のカードなので、旅行前の発行を忘れずに!

スポンサーリンク

ヴェスヴィオ火山道と景色紹介

実際に僕が登った時の写真をちょっと紹介!

きっと登ってみたくなりますよ!😊

景色はずっと綺麗!

道中の景色はいつでも綺麗!😄

道中の景色はずっと「絶景」

山の縁をぐるっと回りながら登っていく感じなので、少しずつ景色が変わっていく感じ

も飽きずに面白い。

安全対策は正直イマイチなので「これ、危なくね?」みたいな箇所は多々ありますが、とにかく絶景はすごい!

火口の底まで丸見え

過去大噴火を起こした火口の底まで丸見え

過去何度も大噴火を起こしたその「火口」が丸見え。

あまりにも巨大な噴火で、「ポンペイ」という街は一瞬で消滅したほど。(「ポンペイ」は世界遺産に登録されていて、散策することができます)

火口内の岩壁や噴石の様子がかなりはっきり見えるので、かなりゾクゾクしました。

途中にはギフトショップも🛖

一番先端にある休憩所で一息☕️

火山灰を使ったお土産がたくさん!🌋

山頂までに計3箇所かな?

ちょっとした休憩小屋があり、火山灰を使ったお土産があったり、軽い食事や飲み物を買えたり。

火山灰を使った置物はそういえば鹿児島にもあったなぁ、なんて思いながら。。

登山ハック~快適な登山のための事前準備!

それほど標高が高い山ではないと言っても、やっぱり「登山」。

事前の準備と対策で、うんと楽しく、そして楽になります。

ヴェスヴィオ登山ハック

  • 午前中が穴場
  • スニーカー必須
  • 最小限の荷物

開山9時を目標に!

ヴェスヴィオ火山の開山時間は「9時」。

それに合わせて始発のシャトルバスは出るようになっていると思います。

開山と同時に行く理由は、「暑さ対策」と「人混みを避ける」ため。

ツアー客はもちろん、子供の修学旅行客もかなりたくさん、10時を過ぎたあたりから続々ととんでもない数が増えてきます。

火口が見えるスポットや休憩所は、時間が経てば経つほどごちゃごちゃしてくるので、あんまりゆっくりできず、忙しない感じになってきます😭

これは絶対に朝一がいい!

道中はずっと砂利道

ずっと砂利道なので結構しんどい😓

道幅は結構あるけど、地面はずっと「砂利」。

途中から土になるけど、一番傾斜が高いところは「砂利」

かなり足がとられるし、疲労も溜まってくる😭

間違いなく動きやすい靴で来る必要がある場所です。(じゃないと怪我する⚠️)

休憩は一番上の休憩所で!

道中3箇所くらい休憩小屋がありますが、おすすめは一番上!

途中の休憩はちょっと我慢して、一番上まで一直線に進みましょう🚶‍♂️

一番先端にある休憩所で一息☕️

一番の絶景スポット&休憩スポットになっています。

が、ここは登山客みんな溜まるところ。なのですごいごった返します。

朝イチで入山して、最初の方に登ることができれば、一番先端で景色見ながら、火口見ながらゆっくり☕️タイムが取れますよ!

st-mybox title=“海外で使えるWi-Fi fontawesome="fa-check-circle" color="#FFD54F" bordercolor="#FFD54F" bgcolor="#FFFDE7" borderwidth="2" borderradius="5" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]

海外で安心&安くネットを使うなら【イモトのWiFi】

1日680円〜利用でき、海外でも安心して旅を楽しめますよ!

※海外の公衆Wi-Fiは個人情報流出の危険性があります⚠️

[/st-mybox]

火山噴火で消滅した都市「ポンペイ」にも

ヴェスヴィオ火山の大噴火で消滅した「ポンペイ」

このヴェスヴィオ火山が大噴火し、その火砕流によって消滅した街があります。

「ポンペイ」と言い、今では世界遺産の一つに登録。

ヴェスヴィオ火山に登ったのならば、ぜひ「ポンペイ」からヴェスヴィオ火山を見上げてみるのもおすすめ

午前中に「ヴェスヴィオ火山」に登れば、下山後そのまま「ポンペイ」を散策することもできますよ!(※ポンペイはかなり広いです。山登ってポンペイを歩くのはめっちゃハード。体力は無くなる覚悟で!笑)

行き方や費用はこちらにまとめています↓(個人的にナポリで一番感動したスポットです😁)

終わりに

イタリア🇮🇹のナポリにある巨大火山「ヴェスヴィオ火山」について紹介!

もう本当に景色は最高です!こればっかりは写真じゃ伝わらないのが残念ですが、、、😭

ぜひ自分の目に直接焼き付けてくださいね!

 

海外旅行には【エポスカード】(クレジットカード)が必須。
  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-🇮🇹イタリア🇮🇹
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5