🇸🇰スロバキア🇸🇰

【スロバキア🇸🇰】の治安は?物価は?ビザは?基本情報と実体験!

7月 28, 2022

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

先日、スロバキアの首都🇸🇰ブラティスラバの1日弾丸旅を敢行🚌

そこでの経験をもとに、スロバキアの治安や物価、ビザ、言語や行き方など、基本情報をまとめてみました!

僕が肌で感じた情報もまとめつつ、簡潔に紹介しますね!

オーストリア観光や、ハンガリー観光、チェコ観光と合わせて組み込むとベスト。

僕の「スロバキア🇸🇰ブラティスラバ1日弾丸旅」については下の記事を参考に↓

記事の内容

  • スロバキアの治安と物価、言語
  • スロバキアのビザと滞在期間
  • スロバキアへの行き方

スロバキア共和国って?🇸🇰

オレンジ屋根のオールドタウンに「ブラティスラヴァ城」

スロバキア共和国の基本情報

  • 首都:ブラティスラヴァ
  • 通貨:ユーロ(1ユーロ=130円)
  • 言語:スロバキア語
  • 周辺の国:オーストリア🇦🇹ハンガリー🇭🇺チェコ🇨🇿などに囲まれた内陸国

スポンサーリンク

治安:ヨーロッパの中でも「安全」

オールドとモダンが融合した街「ブラティスラバ」

スロバキアは、比較的治安の良い国として知られています。

実際に街を歩いていても、危険にを感じることはほぼ0

僕自身、ヨーロッパは、ハンガリー🇭🇺、イタリア🇮🇹、ベルギー🇧🇪に行ったことがありますが、飛び抜けて「治安良好」だと断言できます

もちろん、夜中や人通りの少ない道は、危険があるとは思いますが、外務省の海外安全ホームページでも「危険レベルは0」

安心して、そしてのんびりヨーロッパの雰囲気を楽しめる場所です。

また、アジア人をはじめ黒人の数も非常に少ないのも治安がいい理由の1つかもしれません。

「エポスカード」を忘れずに

海外旅行には【エポスカード】(クレジットカード)が必須。

発行料・年会費「無料」で、旅行中の怪我や、道具の紛失・破損・盗難などの補償がついてくるクレジットカードです。

治安良好なスロバキアでも、旅行中何が起こるかわかりません。万が一に備えて準備しておきましょう。

発行料「無料」そして、年会費「無料」。つまりずっと「0円」なので損をすることはありません。

【エポスカード】無料発行はコチラ

通貨:「ユーロ」

スロバキアの通貨は「ユーロ」。

2022年7月現在で、1ユーロ=140円(円安がえぐい)。

物価は「日本と比べれば安い」です。

円安が続いているので、その差は縮まっていますが、費用を抑えてワーキングホリデーをしたい人にとって、おすすめの国の1つでもあります。

スポンサーリンク

言葉:「スロバキア語」でも「英語」も通じる

スロバキアの公用語は、スロバキア語

他にも、チェコ語やドイツ語、ハンガリー語などの表記もちらほらみられます。

ただ、英語を話せる人も非常に多い。

主要な観光地やレストランでは、英語で何の問題もなくやりとりができますよ。(ローカルレストランだと英語表記がなかったり、英語が話せない店員さんしかいない可能性も)

気候:四季がある。日本と同じ感覚でOK。

スロバキアは、日本と同じように四季があります

夏は、日本のようなジメジメは無いものの、その分日差しがやたらと強いです。

日差し対策、紫外線対策は必須

一方冬は、日本の北海道をイメージするといいと思います。(緯度が同じくらい)

ブラティスラヴァなどの都市部で雪が積もることはあまり無いかもしれませんが、それくらいかなり冷え込むので、防寒対策も必須ですよ。

ビザ:90日間はビザなしでOK

「スロバキア」は「シェンゲン協定国」の1つ

そのため、「90日間」はビザなしで渡航可能です。(※シェンゲン協定国内は、半年のうち、累計90日はビザなしで滞在が可能)

周辺の、ハンガリー🇭🇺やオーストリア🇦🇹、チェコ🇨🇿、ドイツ🇩🇪なども同じく「シェンゲン協定国」なので、この辺と合わせて観光するといいでしょう。

オーストリア🇦🇹ウィーンからはバスで1時間程度

世界で一番首都同士が近いとも言われているくらい、スロバキアの首都「ブラティスラバ」から、隣国オーストリアの「ウィーン」まではバスですぐ

なので「オーストリア観光」がメインで、あいた1日をスロバキアで過ごす方法をとっている人がとても多い。

東欧満喫ルートですね。

ヨーロッパ内のバスや電車の時間、本数検索、予約はこちらの【Omio】 が便利。

ワーホリビザも取得可能

また「スロバキア」は「ワーキングホリデービザ」も発給しています。

一年間スロバキアへの滞在と労働が可能なビザ。

「英語」がある程度ないと、仕事は少ないかもしれませんが、「安全」&「物価が安い」&「周辺国が魅力的」などの条件を考えると、メリットは大きい国です。

オールドとモダンが融合した首都「ブラティスラバ」

首都ブラティスラバは、一方を見れば、「ブラティスラバ城」や「オールドタウン」「大聖堂」などの中世ヨーロッパの雰囲気。

他方、ビルディングやショッピングモール、幹線道路など、「モダン」な一面も持ち合わせています

ちょっと散歩するだけで、ガラッと世界が変わる、時代が変わる、そんな国でした。

穏やかで治安も良く、のんびり異国を味わうには最高の国です。

急に現れる青の建造物たち

橋の上に立つUFOの形をした「UFOタワー」🛸

自然もかなり豊か。ドナウ川と一緒に眺められる

異世界のような雰囲気

【スロバキア・ブラティスラヴァ】は1日で十分!日帰り1人旅をしてきました

27歳の誕生日🎂ということで、スロバキア🇸🇰の首都「ブラティスラヴァ」に弾丸一人旅をしてきました!🚌 滞在時間約8時間、全て徒歩でブラティスラヴァを満喫😁 今回は、僕が回ったところを中心に、ブラティス ...

続きを見る

終わりに

今回はスロバキア観光する前に知っておきたい基本情報を網羅。

そこまで有名じゃないけど、歴史ありモダンありの魅力的な国にぜひ足を運んでみましょう。

EPOSカード
  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-🇸🇰スロバキア🇸🇰
-

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5