Language

Italy/イタリア

【イタリア・ナポリ】最大!丘の上の「サンテルモ城」からの眺めが最高

29/07/2022

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

海洋都市でもあるナポリには、海沿いを中心にたくさんの「城」が立っています。

ということで今回の記事では、ナポリ観光の時に行きたい「城」、その中でも丘の上に立ち、ナポリ市街地を一望できる「サンテルモ城」についてまとめました!

城までの行き方をはじめ、料金や見所も合わせて紹介しますね!

記事の内容

  • ナポリ最大級「サンテルモ城」の魅力やいかに
  • 行き方と注意点

「サンテルモ城」の魅力

サンテルモ城。デカくて入らない


参考

サンテルモ城(Castel Sant'Elmo)はナポリの町を見下ろすヴォメロの丘の上に建つ。アンジュー家により1275年頃、初期の城郭が建築され、その後、アンジュー家により拡張された。16世紀には、スペイン人がナポリを支配するところになり、星型の近代城郭へと改修された。

Wikiwand」より

 

入場料:2ユーロ

このお城に入るには入場料2ユーロが必要です。

その他に支払うものはありませんよ。

城内は中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残る

石造の当時の雰囲気をそのまま体感。

360度ナポリ市街地を見下ろせる

城を上っていく途中の窓から、そして城の屋上から、ナポリの市街地や、海を一望。

めちゃめちゃ景色は最高です。

このお城に登る前に撮った別のお城「卵城」はもはや、望遠鏡なしではその姿を捉えられないほどの高台にそびえ立っています。

屋上には水道も

Top of the Naple!!あ、ヴェスヴィオ火山がありました。

屋上には飲むことができる水が出てくる水道も付いています。

水筒やペットボトルを持っておくと、屋上まで登った後に水分補給ができますよ。


「エポスカード」を忘れずに

海外旅行には【エポスカード】(クレジットカード)が必須。

発行料・年会費「無料」で、旅行中の怪我や、道具の紛失・破損・盗難などの補償がついてくるクレジットカードです。

本当に「百利あって一害なし」のカードで、海外行くなら必須

何度も言います。発行料「無料」そして、年会費「無料」。つまりずっと「0円」です。

【エポスカード】無料発行はコチラ

スポンサーリンク

セントエルモ城への行き方

「セントエルモ城」へ行くには、「ひたすら歩いて登る」もしくは、最寄りの「Montesanto」駅までトラムで移動の2つ。

駅からは徒歩10分くらいで着きますよ。

バスでも行けるかもしれませんが、、、ちょっと確証はない。。。

歩く方が景色が最高に綺麗

僕はこっちの「ひたすら歩く」の移動手段を選択。

海の上に立つ「卵城」を見た後、そのままひたすら階段と坂道を歩いで登ってきました。

ただ…めちゃめちゃきつい。2時間?3時間?くらいかかったかも。

見ての通りかなりの高台にあるので、道中の坂道はもちろんずっと続く階段にだいぶ心が折られそうになりました。何回か折れました。

正直ここでは書き尽くせないくらいしんどくて、飲み物もなくて、登ったことを後悔していましたが、もし体力に自信がある方は歩いて登るからこその魅力もあるので、ぜひトライしてみてください。

道中の街並みや景色が最高

歩くのはしんどいですが、歩いて登るからこそ途中に不意に現れる建物や街並み、そこから見える景色などはかなり感動的なもの。

登れば登るほど、どんどんどんどん景色が開けて感じも楽しかったです。

海外で使えるWi-Fi

海外で安心&安くネットを使うなら【イモトのWiFi】

1日680円〜利用でき、海外でも安心して旅を楽しめますよ!

海外の公衆Wi-Fiは特に個人情報流出の危険性があるので、準備していくと安心⚠️

【イモトのWi-Fi】申し込みはコチラ

終わりに

ナポリの巨大な城「セントエルモ城」を紹介!

ナポリの城めぐり、中世を肌で感じましょう!



  • この記事を書いた人

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

-Italy/イタリア
-,

© 2024 Nachiろぐ Powered by AFFINGER5