🇭🇺ハンガリー🇭🇺

ハンガリー🇭🇺ブダペストの「ZARA」&「H&M」が綺麗・安い

7月 31, 2022

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

本記事では、ハンガリー🇭🇺ブダペストにある「ZARA」「H&M」の魅力を紹介

日本と比べて、取り扱っているいくつかの洋服が違うのはもちろん、値段も日本よりもお手頃。

さらにクリスマスセールなど時期に寄った割引もあり、セールに合わせて買えば超お得🉐

また、何よりもこの2つの店が入っている建物がめちゃめちゃおしゃれ

特に「H&M」は店内を歩くだけでも楽しい作りになっています。

今回は、この2つの店舗の内部を少し紹介!

記事の内容

  • ブダペストにある「ZARA」は荘厳な建物&安い
  • ブダペストにある「H&M」は中世の雰囲気&安い

ブダペストの「ZARA」の魅力:高品質のおしゃれ服が安い

まずは「ZARA」について紹介。

はっきり言って、日本よりも「安い」です。

さらに、クリスマスセール等の割引期間中を狙えば、通常5000円、6000円するものが、2000円、3000円で買えたり、1000円台で買えたり。(円安も進んでいますが、同じ位のスピードでハンガリー安も進んでいます。)

80%OFFの服とかがたくさんありました。

外見はおしゃれ、でも中はモダンな雰囲気で整っている

観光客に人気の通りにドンっ!!

写真のように「ZARA」が入っている建物の存在感はやばい。

店内は比較的狭めですが、建物まるまるZARA。

でも中に入ると、雰囲気はもう日本と同じ、モダンな整った雰囲気で商品が陳列してあります。

狙い目は特大セールか、季節変わり

日本と似たような精錬された雰囲気の店内

一部のエリアはディスカウントエリア

季節外れのものなどが安く買える

日本と同じで、クリスマスなどのイベントのときには特大割引セールを行います。

また、夏本番は、長袖や冬物の残りが30%や50%OFFで売られています。(ディスカウントエリアがある)

先ほど書いたように、日本よりも「安い」です。

同じ品質のものが安く買えるので、うまくセール期間中に訪れることができたり、季節変わり日本と同じものを日本よりも安く買えるのであれば、行く価値は充分あるの割引された洋服を見つけることができればかなりお得。

わざわざ東ヨーロッパまで来て、日本にある店に行くのはナンセンスだ、と思う人もいるかもしれませんが、日本と同じものを日本よりも安く買えるのであれば、行く価値は充分あると思いませんか。

ファッションストリート方面、ドナウ川方面に行く予定があるときには少し覗いてみると良いかもしれません。

ブダペスト内にいくつか店舗がありますが、おすすめは上に紹介したおしゃれな建物の「ZARA」

今から紹介する「H&M」の近くなので(ファッションストリート付近)、なおおすすめ。

「エポスカード」を忘れずに

海外旅行には【エポスカード】(クレジットカード)が必須。

発行料・年会費「無料」で、旅行中の怪我や、道具の紛失・破損・盗難などの補償がついてくるクレジットカードです。

ハンガリーは治安も良く、比較的安全な国ですが、それでも何が起こるかわからない。

もしものための補償があると安心。

発行料「無料」そして、年会費「無料」。つまりずっと「0円」なので、損することはまずありません。

【エポスカード】無料発行はコチラ

スポンサーリンク

ブダペストの「H&M」の魅力:歩くだけで楽しい店内

次は日本の中でももちろん有名、「H&M」

日本でも比較的安く、若者向けなちょっとおしゃれなブランド、というイメージがありますが、ハンガリーの「H&M」もかなりのお手頃価格。

「ZARA」よりも安い。

中世と現代がミックスされた店内

中世ヨーロッパです完全に

「ZARA」の斜め前にあり、「ZARA」と同じく中世ヨーロッパのような雰囲気を持った建物の中に入っている「H&M」。

その店内は、ザラと比べてもかなりおしゃれ。

天井が高く、広い空間。本当に「H&M」?ってくらい

羽田空港くらい長い

入り口入って1階は女性もの、長いエスカレーターを上ると子供向けや男性者、さらにH&M家具のコーナーも。

ここまでは非常にモダンな新しい雰囲気がありますが、ある1部のエリアはとても古めかしいというか奥ゆかしいというか、昔ながらの味わいが残っているところがあります。

一部エリアは急に時代が変わる

ふ、服がかっこよく見える、、、

こんな感じで、昔ながらの装飾やガラス窓があるエリアで売られている服を選ぶことも可能

一瞬入ったら行けないエリアに入ってしまったかと思いました。

本当に別世界。

心なしか、シンプルな単色な服が超かっこよく見えてきました。

日本にもあるからこそ!

「なんで日本にもあるのにわざわざ海外で行くの?」

「日本にもあるマクドナルドみたいな店に行く人の気持ちがわからない」

そんな人の気持ちももちろんわかります。

でも、日本にもあって海外にもあるからこそ、日本のものと海外の物の質や値段を比較して、日本で買えるものの「価値」を再確認することもできます。

そういった意味で僕は日本にある店にあえて行くのが楽しみです。

ちなみに「マック」のチョコのシェイクは、日本のと味が違います。

ちなみに「ケンタッキー」のチキンの味も違います。

「スターバックス」は違うメニューはあれど、味は同じ。ただサイズのベースは「グランデ」です。

こんな感じで、色々比較するのは楽しい。

せっかくだったら足を運んでみて、「ZARA」だけどハンガリーにしかない商品を探したり、自分に合ったおしゃれな服を探してみてはどうでしょうか。

【ハンガリー・ブダペスト】「世界一美しいマクドナルド」に行ってきた!

皆さん、世界には、外観も内観も美しい「マクドナルド」があるのをご存知ですか? それが、ハンガリーのブダペストにあるという噂を聞きつけたので、行ってきました!! ハンバーガーなどの食事はもちろん、「マッ ...

続きを見る

スポンサーリンク

終わりに

日本よりも安く服を揃えることができること、中世ヨーロッパのおしゃれな建物の中に自店舗を構えている事が大きなメリット。ぜひ足を運んでみてくださいね

EPOSカード
  • この記事を書いた人

Nachi

🌎旅する日本語教師🌎 ●元中学校国語科教諭→ドバイ🇦🇪→ハンガリーワーホリ🇭🇺 オンラインで日本語を教えています🇯🇵 Instagram・Twitterでリアルタイムの旅の情報を発信中🛩

-🇭🇺ハンガリー🇭🇺
-,

© 2022 「旅」する日本語教師 Powered by AFFINGER5