Hungary/ハンガリー

【ハンガリー】のトイレは有料⁉︎トイレ事情まとめました。

24/08/2022

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

海外旅行で意外と盲点なのが「トイレ事情」。

今回は、ハンガリー🇭🇺のトイレ事情について解説。僕はハンガリーにワーキングホリデーで滞在しています。

「紙ってながしていいの?」

「公衆トイレってある?」

「さすがにウォシュレット付きはないよね?」

そんな疑問にお答えします。

あ、さすがにウォシュレットはありませんよ笑

記事の内容

  • ハンガリーのトイレ事情
【ハンガリー観光】「ブダ城&漁夫の砦」などブダ側大捜索!(おすすめ)

ハンガリーのNo.1観光地といってもいい、「ブダ城」&「漁夫の砦」(+α)に行ってきました! 本記事では、その「ブダ城」&「漁夫の砦」の見所と、その周辺の知られざる名所も合わせて紹介😄 ブダペスト歴も ...

続きを見る

ショッピングモール内、公衆トイレは「有料」

コインを入れないと使えない

日本じゃ考えられませんが、ショッピングモール内のトイレ、それから街中の公衆トイレは全て「有料」

お金を入れないと、中に入れないシステムになっています。

相場は「100フォリント」(約35円)。(場所によって違う)

高くはないですが、もしもの時のために「小銭」を持ち歩いておく必要がありますね。

モール内は両替機が付いているところもある。しかしクレジットカード支払いができるのを見たことはない)

※モール以外にも、先日新しくできた観光客向けのギフトショップでも、コイン式のトイレがついていました。

紙は水に流してOK!

日本と同じように、使用した紙は一緒に流してOK!

これ、結構ありがたい。

ウォシュレット機能はありません。

スポンサーリンク

チェーン店はレシートに書かれた番号を入力して入室

マクドナルド、ケンタッキー、スターバックスなどのチェーン店の場合、商品を購入した時にもらえるレシートに、トイレのドアを開ける番号が記されています。

基本的に何かしら購入しないと利用できませんが、店によっては番号を入力しなくても入れるところもあったり、店員さんに聞いたら普通に教えてくれるところも。

その辺に落ちてるレシートを拾って入室している人もいましたね。

※チェーン店でもレシート不要で使える場所もあります。

その他飲食店は基本無料、ただしチップを求められることも

普通のストランやカフェでのトイレ利用は基本的に「無料」

日本と同じ感覚で利用できます。

ただ、たまーに、バーのトイレなど、トイレの入り口に、トイレ利用のチップ置き場があったり、チップ回収の人がいたりすることがあります

ただ、これは絶対払わないといけないものではないので、僕は「カードしかない、、」と言ってスルーしました。(本当にカードしか持ち歩かないので、いざという時やばい)

スポンサーリンク

ハンガリー観光の前に

小銭もしくは小さい額のお札は持っておこう

ハンガリー🇭🇺を観光する際には、少額でいいので、ハンガリーフォリントへの両替をおすすめします。

基本的にどの店もカード決済が可能。

ただ、このトイレだけは、小銭がないとどうしようもない時があります。

準備しておくと安心ですよ。

主要な店・レストランなどの場所はあらかじめ把握しておこう

出かける前に、あらかじめ行き先の近くにマックやスタバなど、トイレ利用ができそうな施設がないかチャックしておくと安心。

どうしても、の時はお店の人に話せば、使わせてくれることもありますよ。

海外で使えるWi-Fi

海外で安心&安くネットを使うなら【イモトのWiFi】

1日680円〜利用でき、海外でも安心して旅を楽しめますよ!

海外の公衆Wi-Fiは特に個人情報流出の危険性があるので、準備していくと安心⚠️

【イモトのWi-Fi】申し込みはコチラ

終わりに

今回はハンガリー🇭🇺のトイレ事情を紹介。

  • この記事を書いた人

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

-Hungary/ハンガリー
-,

© 2024 教員よ、はばたけ Powered by AFFINGER5