Bulgaria/ブルガリア

【ブルガリア】ソフィア空港⇄市街地の行き方!「メトロ」で40分!

11/02/2023

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

「ソフィア🇧🇬空港到着!ここからどうやって市街地に行けばいい?」

「ソフィアの街から空港にはどうやって行くの?時間は?」

今回は、ブルガリア🇧🇬のソフィアから、空港までのアクセス(その反対も)方法、手順、注意点などを紹介。

4番のメトロⓂ️(地下鉄)で約40分

ソフィアには4本のメトロが走っている

空港と市街地のアクセスは、4番のメトロ、上の写真でいう黄色いラインの地下鉄を利用して、約40分で移動が可能。

費用は1.6レフ。(1レフ=約72円)

メトロのチケットが安いのもありがたい!

メトロの運行時間

4番のメトロの運行時間

メトロの運行時間はこちら。

  • 平日:05:26-22:51
  • 休日:05:27-23:04

朝早く、もしくは夜遅くの時間帯は「10分ー12分(平日)」に1本のペースで走っているようです。(休日は12分ー14分に1本)

午前中は6分に1本、10:30以降は8分に1本走っています。

結構朝早くの時間から、メトロは運行しているので安心です。

メトロ以外に、空港と市街地とを行き来する手段は、他にはタクシーしかありません。

メトロはソフィア空港の「ターミナル2」に到着します。出発も当然「ターミナル2」からだけ。

「ターミナル1」に離着陸するフライトを利用する場合は、ターミナル1と2の間をつなぐ、シャトルバス🚌を利用しましょう。

ターミナル間バスの停留所

ターミナル間のシャトルバスは、この看板が目印。「T1ーT2」って書いてあるやつ。

駅から空港に向かう道に、いくつか看板が立っているので、迷うことはないと思いますよ。

ソフィア空港「ターミナル1」からのフライトに乗る場合は、ここのターミナル間の移動の分の時間も見積もった上で、メトロに乗りましょう。

スポンサーリンク

チケットの買い方・使い方

メトロチケットの券売機

こちらの写真のような券売機でチケットを買うことができます。英語表記も可能

写真の券売機は現金のみ対応しているものです。

クレジットカード対応の券売機もありましたが、僕が見た感じでは、現金対応のものがほとんど。(カード払い可能な券売機を探すのは少し大変でした。)

ソフィア市街地中央の「Serdika」というメトロの駅では、1つだけ「クレジットカード対応」の券売機を発見

また、カウンターでもチケットは買うことができます。

ブルガリア🇧🇬ソフィアの中心地では、カード払いができるところがほとんどです。

ただ、少し離れたところにあるマーケットなどを利用する際は、現金しか対応していません。

1.6レフ(約115円)

One Way Ticket購入すると、このような青色の紙のチケットが出てきます。

このバーコード部分を改札にかざせばOK。

電車を降りるときにはこのチケットは不要です。

バーコードをかざして入場

帰りは乗り間違いに注意

✈️のマークに注目

ソフィアの街の中には、4本のメトロが通っています。

空港のアクセスで使うのは、「4番、黄色のメトロライン」のみです。

駅の入り口は同じでも、改札が違う場所もあるので、確認してからチケットをかざして入りましょう。

ホームに降りてしまえば、空港行きの電車の方には、写真のような飛行機マークが付いているので、それを見ながら行動すれば大丈夫👍

スポンサーリンク

空港内のお土産

「ターミナル2」のお土産屋さん。そんなに大きくない

空港のロビーのところにお土産を買うところはあまりありません。

また僕は「ターミナル2」を今回の旅で利用しましたが、出国手続きをして中に入った後も、Duty Freeのお土産屋さんはありますが、それほど大きくなく品数も少なめ

ブルガリアの民族衣装や模様を使った小物などもあまり売っていないので、事前にソフィア市内で買い物することをお勧めします

(ターミナル1の方にはでかいお土産屋さんがあるかも)

終わりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今回はソフィアの空港と市街地のアクセス方法いやその注意点について紹介。

空港からメトロ1本で行けるというアクセスの良さは、旅人としてかなりありがたいし、加えて、チケットも安いと言う素晴らしい移動環境がブルガリアでは整っています。ここで浮いたお金を存分に旅の思い出作りに追加してください。

  • この記事を書いた人

Naoto

Japanese Language Teacher🇯🇵【日本語教師】(used to be a Junior high school Japanese teacher/元中学国語教師) World Trip🌎/Education✏️【旅行・教育について】

-Bulgaria/ブルガリア

© 2024 Nachiろぐ Powered by AFFINGER5